証券会社の口座は一般口座と特定口座があります。特定口座にはさらに源泉徴収ありとなしがあります。

人によってどの口座を選ぶのが良いのかは違ってきますが、多くの人にとっては源泉徴収ありの特定口座が無難でしょう。


簡単に言うと証券会社が年間取引報告書を作成してくれるのが特定口座で、してくれないのが一般口座です。

取引の頻度にもよりますが、年間取引報告書を投資家が自力で作成するのはもの凄く面倒なので、これは特定口座の最大のメリットです。

作成された年間取引報告書は投資家に交付されるほか、税務署にも送られます。

外部リンク:特定口座を開設すると「特定口座年間取引報告書」は証券会社から税務署へ提出されますか?(SBI証券)

年間取引報告書が作成されない一般口座のメリットは何もないように(脱税を企みでもしない限り)思えますが、一般口座でしか扱えない未公開株などがあるらしいので、いまだ存在しているようです。


口座を選ぶ際には普通の投資家にとっては源泉徴収ありの特定口座か、源泉徴収なしの特定口座の2択になるはずです。

源泉徴収ありの特定口座が殆どの人にとっては無難な選択になります。

源泉徴収ありだと確定申告をしなくても良いし、確定申告する必要があれば別に確定申告自体はできます。

源泉徴収ありの特定口座でも確定申告して損益通算する事は出来るので、全体でマイナスなのに税金を取られてしまうといった理不尽な事にはなりません。

細かい事ですが、給与所得者で株の利益が20万円以下だった場合は確定申告しなくてもよい(所得税の話。住民税は申告が必要)というルールがあるので、

この点だけは20万円以下でもきっちり徴収されてしまって取り戻す事も出来ないのが不利な点ですが、それを気にしなければ源泉徴収ありの特定口座が一番楽で不足も無いでしょう。

私も源泉徴収ありの特定口座にしています。


源泉徴収なしの特定口座は原則毎年確定申告が必要になりますし、自分で納税しなければなりません。年間取引報告書が税務署に送られているので、言語道断ですが利益があるのに申告しなかったりするとしばらく泳がされてからお尋ねが来ます。

しかし毎年自分で確定申告するのが当たり前、自分で納税するのが当たり前の人にとっては源泉徴収なしの特定口座はメリットがあります。

源泉ありだと利益を確定するたびに税金を取られるので、再投資する際の資金が目減りしてしまいます。

源泉なしなら翌年の確定申告までは税金の支払いを先延ばしに出来るので、その間の資金効率が良くなるという訳です。


ただぶっちゃけた話、実際はヘタクソ投資家にとっては多少資金効率が上がったぐらいでその分利益を伸ばせるのか、余計な回転売買でかえって損失を出すのではないか、という懸念もあります。

また税金を先延ばしにするということは、所得税や遅れてくる住民税の支払いの分は、ちゃんと計画的に確保しておかないとならないという事です。

ハッスルした結果、いざ税金の支払いの時期になってお金が無くなっていた、という結果になっては目も当てられません。


毎年確定申告するのが当たり前、自分で納税するのは当たり前、資金管理や計画は当然、という人なら問題はありません。ただこういう人ってほとんどプロじゃないですかね……?

源泉なしの特定口座は投資や税制に精通したプロ用と考えると、普通の人は源泉ありの特定口座にした方が何かと無難でしょう。

その上で、確定申告する必要がある時はきっちり確定申告する、というのをおすすめします。


関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク