極端に所得が少ないセミリタイアだと住民税非課税を狙える人もいると思うので調べました。

まず住民税には所得割均等割があります。

所得割は全国一律で所得金額が35万円(扶養親族がいない場合)以下で非課税になります。この金額を「非課税限度額」と言います。

均等割の「非課税限度額」は自治体によって違い28~35万円まで幅があります。これが曲者で、所得割の課税がゼロの人でも自治体によっては均等割の条件に引っ掛かる事があるので注意が必要です。

これがひとつ目の落とし穴です。

均等割は自治体によって違いますが年5000円程度の住民税が、非課税条件を満たさない限りかかってきます。金額自体は少ないですが他の判定にも影響してくるので非課税条件を満たせるならそれに越した事はありません。


判定には「合計所得金額」が使われます。これがふたつ目の落とし穴になることがあります。

「合計所得金額」の計算は以下の通りです。

合計所得金額

次の1と2の合計額に、退職所得金額、山林所得金額を加算した金額です。

※ 申告分離課税の所得がある場合には、それらの所得金額(長(短)期譲渡所得については特別控除前の金額)の合計額を加算した金額です。

1 事業所得、不動産所得、給与所得、総合課税の利子所得・配当所得・短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益通算後の金額)
2 総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益通算後の金額)の2分の1の金額
ただし、「総所得金額等」で掲げた繰越控除を受けている場合は、その適用前の金額をいいます。

合計所得金額(国税庁)



赤字の部分が落とし穴で、前年度以前にマイナスの確定申告をして損失の繰越がある人が対象になります。

どういう事かと言うと、例えば前年にマイナスの確定申告をして300万円の損失繰越があって、今年は300万円のプラスがあったとします。

この場合損失繰越の適用を受けると課税所得がゼロになって還付金が入るので、当然確定申告をします。

しかし「合計所得金額」の計算にはこの損失繰越は考慮されない、ということです。所得税や住民税の所得割はゼロになっても、住民税の均等割だけはかかってきます。

非常にややこしいですがこれがふたつ目の落とし穴になります。私もこの記事を書こうとして調べていたら気が付きました。

関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク





タグ