カテゴリー:金融リテラシー
ホームPage 2 / 512345

「無貯金の50歳代が3割超 「貯蓄ゼロ」中高年のサバイバル術」という週刊東洋経済の記事が話題の元になっています。

記事を読むと、

50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている

この記事を読んで、「2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている」のか!と衝撃を受けるようです。

外部リンク:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果

元データはここにあります。「知るぽると」という金融広報調査委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)が運営するサイトに掲載されているので誰でも見ることができます。

Excelのデータをダウンロードして見ると、


siruporu.png

このようになっていて、「金融資産非保有」の割合が50歳では31.8%になっています。

「2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている」という元記事の記述はここから来ていると思われます。

でもちょっと待って下さい。

50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている


この短い文章の中だけでも、「無貯金の世帯」と「貯蓄ゼロという世帯」というよく注意して読まなければ分からない表記のゆれがあります。

そして元になった調査データは、「金融資産」について調べたものなのです。

もうお分かりだと思いますが、元記事は調査結果について誤解して書いているか、もしくは意図的に誤読して書かれれています。

*この調査で「金融資産」とは、預貯金などの金融商品を指します。お答えいただく際には、以下の点にご留意ください。

① 「金融資産」には、土地・住宅・貴金属等の実物資産は含みません。また、現金も含みません。

② 商・工業や農・林・漁業等の事業のために保有している金融資産は除いてください。

③ 預貯金については、定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分を「金融資産」とし、日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いてください。(詳しくは問3(a)をご覧ください。)

*なお、この調査で「貯蓄する」とは金融資産取得に資金を振り向けることを言います。

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果(単純集計データ)


この調査は「金融資産」について調査するもので、現金や生活口座に入っている生活費はカウントしていないのです。

タンス預金なども「金融資産」ではないので対象外で、極端に言えば自宅に1億円を保管している人でも、統計上は「金融資産非保有者」になっています。

常識的に考えて、「50歳代無貯金の世帯」が全体の3割もいるはずはありません。

そんな江戸っ子みたいに「宵越しの金は持たねえ」人が多かったらこんなにデフレの世の中になっていません。


元記事のタイトルからして「中高年のサバイバル術」と煽っているので、「無貯金」「貯蓄ゼロ」というあいまいな記述で記事の導入部分に持ってきたものと思われます。

まがりなにも経済専門誌の看板と、日銀内部の組織が集計しているデータを持ち出して権威づけして、どうせ一般読者はそこまで調べないから分からないだろう、と書いているのではないかと思います。

それが邪推だとしても、本当にデータを誤読して書かれた記事を掲載しているのなら、どっちにしても経済専門誌としていかがなものかと思います。


「バカじゃないの」とは書きましたが、一般読者がこんな事まで分かるはずはありません。

しかし直感でちょっとおかしいな?と思う人は多いはずですし、そういう人はもはや新聞や経済紙の記事などいちいち信用していないはずです。

一般人でも調べれば記事の裏は取れる時代ですし、こういう事ばっかりやってるとますますマスコミの信用が落ちると思うのですがいかがなものでしょうか。

この記事の続きを読む

ETF(上場投資信託)は非上場の投資信託と違って、個別株と同じように市場で売買できます。

そのため、とくにETFに関する知識がなく深く考えなくても、とりあえず取引はできるようになっています。

しかしETFについてより詳しく知りたいなら、専門の解説書を読む必要があるでしょう。

もし専門書は難しい、とっつきにくいと考えるなら、無料のウェブサイト、シンプレクスの「マンガでわかるETF」をおススメします。


ETF_convert_20180219191748.png

基本的に初心者向けで、全12回でETFの基本的なしくみから実際の使い方まで理解できるようになっています。

またマンガを読んでいると、以前話題になった凛としたIRポエムとか、京都の空売り寺とか、マニアしか分からないような小ネタもひんぱんに仕込んである事に気付くので、その筋の人も楽しめます。


このウェブサイトはマンガに目がいきますが、むしろ秀逸なのは「ETFの基礎知識」「ETFコラム」のコンテンツ群です。

下手な入門書を読むくらいだったらこちらに一通り目を通す事をおススメしますね。

たとえば、「ETFと配当」の記事を読むと、ETFの分配金のしくみの基本からなぜブル・ベア型ETFには分配金が無いのか?という疑問まで解決できます。

関連記事:日経レバ(1570)と日経ダブルインバ(1357)の分配金(配当金)について

マンガとコラムをあわせて、日銀のETF買いの謎とか、マーケットメイカーの役割とか、リアルタイムの基準価額(きじゅんかがく)が分かる「インディカティブNAV」の紹介とか、初心者から上級者まで読んで損は無い内容になっています。


別にシンプレクスから何かもらっているわけではないのですが、好きなウェブサイトなので強く推奨して紹介しておきますね。

この記事の続きを読む

仮想通貨の取引所の中にはクレジットカードで仮想通貨を買えるところがいくつかあるようです。

私が確認した所では、coincheck、Zaif、Bitlyerの3つで、他にもあるのかな?

この3社は仮想通貨交換業者の登録を受けているか、みなし業者(coincheckはみなし業者でまだ未登録)なので、未申請未登録で営業している違法業者ではありません。

外部リンク:仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁)

でもクレジットカードで仮想通貨が買えるって、セーフなのかな?

例えば証券会社で株式や投資信託をクレジットカードで買えるかというと、普通は買えませんよね(海外とか過去の例ではあるらしい)。

監督官庁の金融庁も良い顔はしないでしょう。

借金して投資(投機)するのは自己責任なので、証券会社の場合は顧客に信用取引をさせるにあたっては審査をする事になっています。収入や資産、取引の経験の有無などを質問します。

ひと昔前は信用取引の審査のハードルは高かったのですが、最近は審査が簡単(形式的?)になってよく分かってなくても信用取引している人がいるようです。

仮想通貨の場合は本人確認さえできれば審査とかないので、クレジットカードで気軽に買えるようで、カジュアルな信用取引みたいなものですかね。入り口がカジュアルなだけで出口は地獄につながってそうですけど。

外部リンク:クレジットカード支払いでビットコインを購入(コインチェック)
外部リンク:コンビニ決済入金及びクレジットカード購入の出金制限について(Zaif)
外部リンク:クレジットカード決済はできますか?(Bitlyer)

各社の案内を見ると、クレジットカードで仮想通貨が購入できる旨のほかに、購入から1周間程度は出金できないという制限を設けているようです。

これ、ピンとくる人はくると思いますが、クレジットカードのショッピング枠の現金化対策ですね。

仮装通貨をクレカで購入して、即座に円に換えて出金すればクレジットカードのショッピング枠を現金に変えた事になってしまうので、その対策でしょう。

クレジットカード会社は換金目的でのカード利用を規約で禁止しています。常時監視もしていて、新幹線の回数券などを継続的に大量購入していると換金目的の取引を疑われてストップがかかります。

ちょっと横道にそれますが、仮想通貨はその名に反して法的には通貨ではなく、支払手段の一つである資産と定義されています。通貨と名のつくものをクレジットカードで買うのも変な気がしますが、支払い手段に使うものを支払い手段であるクレカで買うのも変な気がしますね。考えたら変な話です(笑)

仮想通貨をクレジットカードで買っても今のところただちにストップがかかる事は無いようです。各社とも購入上限を設けているので、その枠内なら買い放題なのでしょうか。現金化もし放題なのか。


この話を聞いてクレジットカードで仮想通貨が買えるのか、よし買おう!となった人にはやめておきなさい、としか言えません。

クレジットカードでの買い物は加盟店がカード会社にシステムの利用料を払う事になっています。その利用手数料を商品の代金とは別に客から取る事をクレジットカード会社は規約で禁じています。

禁じているのですが、仮想通貨の場合はクレカで購入すると数%から10%程度割高な値段になっていて、明示されていませんが高額な手数料を取られているのと同じです。何で明示しないかというと、できないんでしょうね……

クレジットカードで仮想通貨を買う人たちというのは、実質「月利」数%以上の暴利で借金して仮想通貨を買う(しかもすぐ返済期限が来る)金融リテラシー最底辺の人か、もしくはクレカのショッピング枠の現金化をしようとしている遅かれ早かれ詰みそうな人という事になります。

恐ろしいのはこのような人たちでも、仮想通貨が上がり続けている間は換金率が100%を超える可能性がある事です。実際、昨年は儲かったでしょう。

仮想通貨が上がり続けているあいだは表面化しないでしょうが、消費者金融で借りて仮想通貨を買っている人たちを含めて、下火になってくると一気に社会問題化しそうな気がしますね。

この記事の続きを読む

何の気なしにツイートしてみたら少し反応があったので、もう少しハナシを拡げてみます。

私が思うに、女性は投資を生理的なレベルで受け付けない人が多く、これは投資=ギャンブルと受け止めているのだと思います。女性はギャンブルが嫌いですからね。

だからといって、

投資の意義などをわざわざ投資嫌いな人に説くのは、ムダであるばかりではなく害があるので絶対にしてはいけません。だれも幸せになりません。女性はこういう時強いので、あなたがダメージを受けます。

ただこれは私が勝手に考えているだけなので、もう少し客観的なアンケート調査などがないかググってみたらこんなのがありました。

女性がやってみたい投資ランキング(働く女性の恋愛と幸せな人生のガイド マイナビウーマン)

Q.以下の投資の中で自分がやってみたい、もしくはすでにやっている投資をお選びください。

1位 投資はやりたくない……61.1%

2位 株式投資……16.3%

3位 投資信託……8.4%

4位 外貨投資(FXや外貨預金など)……7.5%

5位 不動産投資……2.3%

6位 先物取引……0.9%

女性がやってみたい投資ランキング(マイナビウーマン)

いやいやいやいや、やってみたい投資を聞いているのに、「投資はやりたくない」が6割ってどんだけ拒否反応が強いんですか。

女性にとって投資は興味があるなし以前に、忌避すべきものなのです。
バッサリすぎる。

これ、ちょっと質問形式を変えてみたら、投資やりたくない女子は8割ぐらいいくんじゃないかとさえ思えます。

このように女性の投資嫌いは生理的なレベルですから、くれぐれも女性に投資のハナシはしないほうがいいです。

もちろんアンケートにもあるように女性でも少数ながら投資に興味がある人はいますし、ハナシが合う人もいるかもしれません。

ごくごく少数でしょうが、ビットコインやソーシャルレンディングなどの変わった投資までカバーする奇特な女性もいるかもしれません。が、確率としては四つ葉のクローバーを見つけるぐらいの労力だと思いますし、そこまでの過程の大変さを考えると、やらない方がいいでしょう。

まあそもそも話題として楽しくないし知的でもないので、男女限らず人に投資のハナシはしない方がいいです。

関連記事:20代から40代で株やってる人は超少数派
この記事の続きを読む

ホームPage 2 / 512345