カテゴリー:金融リテラシー
ホームPage 4 / 512345

過去記事:貯蓄1000万円「富女子」20~30代節約極める。もはや消費より貯蓄の方がオシャレ。

昨年12月になんの気なく取り上げた、この「富女子」についての記事が最近アクセスが増えてきました。何が起きているんだろうと思って調べてみると、2月16日にNHKのあさイチで「富女子」特集が組まれたのが直接の原因のようですね。「富女子(ふじょし)」という語感と相まってずいぶん世間をザワつかせた様子です。

まあ世間で話題になる事には必ず流れがあります。

調べてみたところ、まず「ワイズアカデミー株式会社」という女性向けセミナー・イベントを開催を開催しているセミナー運営会社があるようです。この会社が「富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~」という本を2015年3月に出版しています。

富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~

余談ですが、MBOによって上場廃止になった幻冬舎の、「幻冬舎メディアコンサルティング」という事業があります。これは「企業出版」に特化したブランディング出版専門の出版社だそうです。

クライアントインタビュー・ワイズ・アカデミー株式会社 蓄積したノウハウを書籍で啓蒙!セミナーの集客に寄与

企業はテレビやインターネット、近年だとSNSやブログなども使ってブランディングをしていますが、要するに宣伝ですね。このブランディングの流れで、ついにNHKの特集という形でメディアに露出したのがこの2月16日だったのでしょう。なるほど。

しかし、話題になる事というのは時流に乗っているものです。20代女子ということはリーマンショック後に社会人経験を持った世代で、「手遅れになる前に読んでください!20代女子だからこそできるお金の貯め方を大公開!」なんて言われたら気になるのは当然でしょう。

本の内容はおカネに関する自己啓発系で、特に問題は無いようです。不動産投資のセミナーに誘導されたりすることでも無ければ、別にいいんじゃないでしょうか。リーマンショック後の世代と私自身の世代である就職氷河期世代は財布のヒモが固いですから、共感する所はあります。貯められる人はどんどんおカネは貯めればいいんですよ。

30歳からはじめる一生お金に困らない蓄財術

これはまた余談ですが、幻冬舎のメディアコンサルタント事業から出る本はこれから増えそうです。非上場化してしまったので興味が無かったのですが、これからは注意して見ておこうと思います。宣伝の為に本を出すというのは分かりますが、専門の出版社があるんですね。

日本株には全て4ケタの証券コードが設定されています。証券コードにはある程度、規則性があって知っていると憶えやすくなります。頭ふたケタが業種を表していて、2000番台が食品、7000番台が自動車・輸送機器といった具合です。

例えば食品だと、

2501 サッポロ
2502 アサヒグループ
2503 キリン

2801 キッコーマン
2802 味の素
2804 ブルドックソース

こんな具合です。食品などは銘柄数が多くてビールだとか調味料だとかカテゴリが分けやすいのか、比較的規則的ですが例外もあるのであくまで参考です。ひとケタ番号はその業種を代表する企業が多いですね。

2803が無いのはおそらく使用済みの廃番だと思います。そう、証券コードは使い切りで再利用はしないルールになっています。アメリカなどのアルファベットを使ったティッカーシンボルは再利用可だそうですが。

だったら四ケタのコードでは将来、数字が足りなくなるのでは?と思いますが、実際すでに足りなくなってきていて最近の新規上場企業はあまり業種に関係無く2000番台から4000番台、特に3000番台のコードが多く割り当てられて業種の法則が崩れてきています。

証券コード評議会の公式ページを見ると、設定可能な残コード数はあと2000いくつしかないようです。その為、方針として今後アルファベットを組み入れる事がすでに決定しています。システム的な対応の為周知の期間が必要なので、すぐに実施される訳では無いようですが。

ここからお役立ち情報ですが、証券コードからカンタンに企業名を入力したり、企業名から証券コードを入力する方法があります。

使用しているPCの日本語入力システム(Microsoft IMEやATOK)にシステム辞書を追加するのがその方法ですが、騰落レシオ情報で有名なサイト「NOTEAREA」さんの所にMicrosoft IME用の辞書データがあります。ありがたい事に最新データの更新が続いているので新規上場したばかりの企業にも対応しています。

ATOK派の人はどうするのかというと、以前は「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」という製品があったのですが販売終了になっています。それで、調べてみたらこんなのがありました。

ATK35 リクエスト辞書選抜総選挙 for Windows

8位に「企業名←→証券コード辞書」がランクインしているのですが、作成してプレゼントする対象は3位までなので対象外です。ATOK派の人はもはや諦めるしかないのでしょうか。

気を取り直して「NOTEAREA」さんの証券コード辞書の使い方ですが、例えば「さっぽろ」と入力すると、変換候補が、

sapporo.png
こんな感じになってある種の人にとっては超便利です。逆に2501から変換しても正式名と短縮名が両方出るので使えます。

面白いのは、「キヤノン(正式名称)」でも「キャノン」でも、「キユーピー(正式名称)」でも「キューピー」でもどちらも変換できる事ですね。証券コード辞書を使用すれば株ブログを書いていて企業名を間違えて恥をかくといった事もなくなります。

医学辞書2017 for ATOK 通常版

↑高くてもこういう専門辞書は需要があるんでしょうね。無料の辞書はありがたく使わせていただきましょう。このブログ作成にも証券コード辞書は欠かせないものになっています。

金融における複利効果の威力を強調するために、冒頭にアインシュタインの名前が書かれているような記事を見つけたら私は眉にツバをつけて読みます。

というのも、アインシュタインがこのような事を言ったという記録は実は無いからです。アインシュタインが言ったらしい、という伝聞調の記事があって、そこから枝分かれした都市伝説のたぐいでしょう。

そもそも金融の金利計算って複利が当たりまえなんですよ。複利だから意味がある。

アインシュタインがわざわざこんな自明の事に言及するとは思えません。本当に言ったとしたらジョークのたぐいで、なおさら取り上げる意味がありません。

複利効果なんて金融の基本でことさらに強調するようなものではありません。

じゃあなんで強調するのか、アインシュタインの名前をわざわざひっぱり出してくるのかを考えたら、これはもう一つです。

純真な初心者の読者にハッタリをかましたいからです。

まっ、どうせ怪しいサイトでしょうね。エクセルの複利計算の表でも貼りつけておいて、株式投資(FXでもマンション投資でも何でも可)して30年複利で1億円達成!とかそんな感じです。

もうこの辺りから滅茶苦茶ですが、とにかく複利にまつわるお話はハッタリをかまされやすいので初心者の方は気を付けて下さい。先の事は分からないのに30年複利とかおとぎ話ですよ。


(追記)


 

セミリタイアブロガーのKotaroさんに取り上げて頂きましたので紹介します。

 

日本は資本主義国家なので、おカネを軸に物事は回っています。

「おカネが全てじゃない」という価値観もあり、これはその通りです。

ただこれは価値観の問題ではなく社会のシステムの話です。

どうもここをあいまいなままにした人が多いような印象です。

例えばやり甲斐のある仕事をしたければすれば良いのですが、それで必要十分なおカネが得られるかどうかは別問題です。

仕事にやり甲斐が有ろうが無かろうが、報酬は高い方がいいに決まっています。十分な報酬が得られないとそのやり甲斐のある仕事を続ける事すら困難になってきます。

なぜ学校の進路指導で将来やりたい事を聞く前に希望する年収を聞かないのかは疑問です。

学校は職業紹介所じゃないから?

いやいや、資本主義国家ではおカネが無いとできる事が大幅に制限されます。そんな事は大人なら誰でも知っています。

やりたい事が無いという人がたまにいますが、それはやりたい事の実現見込みが無いから最初から諦めているだけの事です。

たぶん学校の先生は業種別の年収とかそんなデータは持っていないのでしょうが、ここで悲劇が発生しています。

例えば自動車整備士は現在の社会に必要な重要な職種だと思いますが、現在では残念な事に代表的な低年収の職種になってしまっています。

クルマが好きで機械いじりの好きな子供がこれを知ったらどう思うでしょうか。少なくとも先生や親は知っておいた方がいいと思います。

何の仕事をしたいかとか、どこの大学に行きたいとかよりおカネを軸に考えた方が分かりやすいし後で後悔しないと思うのですがどうでしょう。
この記事の続きを読む

ホームPage 4 / 512345