カテゴリー:資産運用関連

日経平均はとうとう11連騰です。
毎日毎日アホみたいに儲かりますね。こんなに儲けていいのかしら。
とは言え、持ち株を売る理由も特に無いので、ついていくしかないんですよね

相場の天井を正確に予測するのは不可能ですが、予想するのは個人の自由です。

私が参考の一つにしているのが、信用評価損益率、特に松井証券の店内の日々データです。
松井証券 信用評価損益率のご紹介

※松井証券の信用評価損益率は以前は無料のメールマガジンに登録すれば誰でも見られたのですが、現在は口座を開設してログインしなければ当日分は見られなくなっています。口座開設と利用は無料なので開設しておくと良いでしょう。





信用二市場の公表値は速報性がないのであまり使えません。あくまで長期の傾向をを掴むぐらいです。松井証券のデータは松井証券一社だけのものですが毎日公表されるので相場の雰囲気がわかります。

信用評価損益率は、買い方の場合大体が0%からマイナス20%ぐらいの間で推移しています。
信用評価損益率というのは、信用買いの場合は金利負担もあるし投資家の心理として利益が出たらすみやかに決済してしまうので通常は常にマイナスになってます。

マイナス20%に近づくと追証の投げが出るので底打ち、0%に近づくと買い一色となって天井が近いとされています。ここ1か月ぐらいはマイナス5%以上で推移し、0%に接近してきました。あきらかに天井圏です。

ただし、だから利益確定を急いだり空売りに移ったりすれば良いかというと、そう相場は単純でもなく…
大抵下手な個人ほど売り急ぎますし、静観ならまだマシで空売りで爆死したりします。天井付近が一番騰がり易いんですよね。

難しいのが損益率が0%を超えてプラスになったとしても(めったにあることではありません)、直ちに天井が形成されるとは限らないということです。2013年は年明け早々に損益率がプラスになりましたが、なんとそこから半年近く相場が上昇し続けました。そして5月に入って長期金利の急騰から23日の株式市場の暴落に繋がりました。

騰落レシオなどの買われすぎ・売られすぎ指標もそれ単体では役に立ちません。天井を当てるのは非常に難しいことを十分に理解して2枚腰、3枚腰で臨みたいものです。
私が松井の信用評価損益率をチェックしているのは、これが個人投資家の動向を良くあらわしているからです。
小型株は特に個人の動向の影響が大きいので注意です。

大体個人の株ブログで慎重論が多い時はまだまだ騰がりますね。





この記事の続きを読む

私は大昔パチスロで生活していた時期があります。

パチンコ、パチスロで生活するための方法論はいろいろありますが、ゴト師(不正な方法で出玉を獲得する人。窃盗罪に問われる)で無い限り、基本は期待値主義になります。なんらかの方法で出玉率(機械割)が100%を超える台を見つけ出し、その台を営業時間が続くかぎり打ち続けるのです。

パチプロ、スロプロというのはこのなんらかの方法を知っていて、期待値主義で打っている人達ということになります。

今のパチスロ台は5号機と呼ばれる仕様規定の検定に合格した機種です。その前は4号機という検定規定がありました。興味の無い人が多いだろうから詳しい説明は省きますが、4号機では設定判別が容易な機種が多く、開店から小一時間も打てば設定が分かってしまう機種がいくつかあったのです。

信じられないかもしれませんが、確実な設定判別法が存在しているのにも関わらず、これを実践している人はごく少なかったのです。別に設定判別法が秘密だったわけではありません。今のようにSNSであっという間に情報が拡散する時代ではありませんが、それでもパチンコ雑誌などにちゃんと載っている情報です。

パチプロは純然たる肉体労働者です。中学レベルの計算力があれば誰でも出来る仕事です。私はこの辛い肉体労働に従事している間に、いつしか早期リタイアを考えるようになっていました。期待値で勝てるなら自分の代わりに人を雇うか、ロボットが打てばいい。もっと言えばパチなんかやらずにもっとマシな投資対象に投資すれば良い。勤勉で優秀な人たちが私の代わりに稼いでくれる。

朝早くパチンコ屋に並ぶ。前日に目星を付けていた台に座り打つ。小一時間打って設定判別に合格しなければ次候補の台を打ち、それでも打つべき台が見当たらなければその日の仕事は終わりです。いそいそと帰宅します。期待値が100%を割る台を打ち続けていても何にもなりません。

では設定判別に合格したら?設定5以上とか設定6(最高設定)などのピンポイントで設定が分かる台がありました。最初は高設定台を見つけると嬉しかったのを覚えています。しかしプロ生活が長くなるとこの感情が変化してきます。嬉しくもない。

なぜか?

朝11時頃、最高設定が判別できたとします。私の表情は変わりません。なぜならこの瞬間、店の営業時間が続く限りの大残業が決定したからです。

期待値主義に拠る以上、パチには止め時というものがありません。インデックス投資に売り時が無いのと似ています。いつもいつも高設定台が掴める保証が無い以上、見つけた高設定台は打ち切るのが義務になります。義務でやるのはなんでも辛いです。

私がこんなに辛い思いをして金を稼いでいるのに、周りの客は楽しそうです。いつも負けているはずなのに。

私が投資を趣味として考えないのは、こういう体験が影響しています。投資が楽しいと思っている時点でパチンコの常連客と変わりません。

パチンコ店でドル箱を積み上げているにも関わらず、目が死んでいる人が居たらそれはサクラかパチプロでしょう。たぶん。

トヨタの新型株は非常にユニークな設計で、今までこういった商品が存在しなかったためにその特性を正しく掴むのは手間がかかります。

今までの常識で株とはこういうもの、債券とはこういうものといったイメージを持っているために、いまいちこの新型株が腑に落ちないのです。

そこでちょっと極端ですが、理解を助けるために実例を考えてみました。

名づけて、「ひとりトヨタ新型株配当金生活」です。

まず私が血迷って全ての資産を売り払い1億円を作ったとします。
これを全てトヨタの新型株にぶち込みます。

トヨタの株価は10000円、新型株の額面は12000円とします。

配当金は(面倒なので税金は考えません)、

1年目 50万円
2年目 100万円
3年目 150万円
4年目 200万円
5年目 250万円

になります。1年目に予めまとまった金額の生活費を用意しておけば地味に暮らしていけそうです。
この平均利率1.5%はトヨタの社債を大きく上回りますが、トヨタの普通株の配当利回りよりは下です。
もちろん株主として議決権も行使できます。

さて、5年目終了時のトヨタの株価は不振で10000円を大きく割って終わりました。普通株なら大損ですが、新型株は5年目以降トヨタが額面で買い取ってくれるので損失はありません。新型株で助かりました。地味な5年間が終わりました。

5年目終了時の株価が13000円だった場合。この場合は普通株に転換するとして、額面との差額1000円が利益になります。こんなことならトヨタの普通株を買っておけば利益は30%、プラス毎年2%以上の配当が得られました。しかしそれはタラレバで、元本確保的な商品を選んだのだから仕方ありません。微妙な5年間です。

最後のケースは、バブルが発生して株価が36000円になった場合です。
普通株なら3.6倍、新型株なら3倍の値上がりですが、ここまで来るとその程度の差はもはや気になりません。
私は「ほぼノーリスク」で3億円以上の現金を手にして、米国債でも買って真の配当金生活に入るとします。

つまり新型株は宝クジ的なオプションの付いた債券のようなものと考えればいいでしょう。

5年の間にトヨタが倒産するか、激しいインフレになってしかもトヨタ株が暴落するという最悪の不況がやってこないことを祈りつつ(5年間は泣こうが喚こうが換金できません)、私が「トヨタ新型株配当金生活」を送ることは悪くない選択かもしれません。

(実際は額面はまだ未定、そもそも買いたいだけ買える訳はありません。他にも不備があるかもしれないので参考までにお願いします)

小黒とらさんのサイトで紹介されたトヨタ(7203)の個人向け新型株について、興味が湧いてきました。(「小黒とらのパーソナルファイナンスと悠々自適な生き方」をリンクに追加しました。)

 

トヨタの個人向け新型株は、お買い得←該当記事です。
トヨタ自動車、中長期保有を前提とした 「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始←トヨタの記者発表全文

>トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、中長期の保有を前提とした、議決権のある、譲渡制限付種類株式として「AA型*種類株式」を発行する手続きを開始する。トヨタは同種類株式を今後複数回にわたって発行していくために、6月に開催が予定される定時株主総会で、関係する定款の一部変更を提案する。

要するに、議決権あり、譲渡制限ありの種類株式(普通株以外の株式)を新たに発行するということです。まだ先の話ですが、詳しい解説は小黒とらさんの解説記事をご覧ください。

特徴として、
発行価格は価格決定日の普通株式株価の120%以上。当日の株価が仮に10000円なら12000円以上ということ
発行から概ね5年経過後以降に、「普通株式への転換」および「発行価格での取得請求」が可能。つまり当日の株価が発行価格を下回っていたら、発行価格で買い取って貰うことが可能。元本確保に近いしくみ。
配当は「発行日が属する事業年度は0.5%、翌年度以降5年目まで0.5%ずつ 段階的に増加(5年目以降2.5%) 」 つまり5年間の平均配当は1.5%になる。
流動性なし。全期間譲渡制限付きかつ非上場なので、売却はできない。5年経過後はトヨタに発行価格で買い取って貰うか、普通株に転換することができる。

どうでしょうか。ちょっとややこしいですが、元本確保の仕組みがあり配当があらかじめ決まっているため、債券的な性格を持つ株式であると言えます。しかし決して債券ではなく普通株式でもありません(議決権はある)。

元本と配当が確保された上、株が値上がりしていればキャピタルゲインまで期待できる。配当利回りは、トヨタの長期社債の利率を上回る。非常にお買い得な金融商品です。まず損をすることはありません。

…がしかし、そんなおいしい話があるものでしょうか。どこかに落とし穴がないでしょうか?皆さんも考えてみて下さい。
考えた末に、疑問をコメント欄でぶつけてみた所、詳細な回答を頂きましたので紹介します。小黒とらさん、どうもありがとうございました。

(さいもん)一番大きいのは流動性がゼロと言う所でしょうね。だから社債や株とは比較できないのではないでしょうか。社債や株ならいざとなったら損失を覚悟で市場で売れますから。
もちろん債券的資産は償還まで持ちきるのが基本ですが、そうはいっても実際は長い期間の間には個人的事情で売らざるを得なくなる人が絶対に出て来ます。
だから、本当の本当に5年間は絶対に必要のない資金を投じなければならないという点で覚悟のいる投資だと思います。
それを考えると私なら5年1.5%はバーゲンプライスかというと微妙かなと。トヨタもおそらく株価が天井に近いという読みで出してきた条件だと思います。

(小黒とら)そうですね。流動性はポイントですね。トヨタの個人向け新型株は、仰るように長期の資金を費やすべきですね。逆に言うと、長期の資金じゃないとおいしさ半減です。
信用リスクと元本保全の確実性、5年以降の換金性、転換オプションが付いていることを考えると、トヨタの5年1.5%はバーゲンプライスだと思います。5年以降は毎年2.5%がほぼ確実に入ってきますので、本当においしいのは5年過ぎてからです。株なので償還はないとして、5年以降は2.5%でFixされますし、インフレになったらトヨタの普通株の値上がりも期待できるので転換オプションが効いてくるはず。どう転んでも悪くないと思います。
個人年金の運用対象として、いい商品性だと思いますよ。
もちろん、仰るように流動性は大きなポイントですし、流動性を犠牲にしていることの対価としての魅力的な商品性とも言えますね。

(さいもん)そうですね、120%の仮条件でプレミアムを払って5年間拘束されるかわりに、社債との金利差を得る商品と考えればいいでしょうか。株価が高い時期でさらに20%を載せれば5年後にキャピタルゲインを得られるかどうかは判断の難しいところですが、トヨタの配当利回りが2%を超えてるのを考えると、また普通株との比較が難しいですね。
元本保証や流動性の価値をどれだけ金利に反映するかという査定が難しい。
債券的性格を持つ株式ということで、ノックイン条項や早期償還条件のある仕組み債ともまた違うし面白い商品だと思います。

(小黒とら)面白い商品です。流動性、元本確保性、転換のオプションをどう評価するかでしょうね。信用リスクはほとんど無視していいでしょうから、安全性を重視する投資家には受けると思います。
トヨタは個人株主を増やしたいけど、普通株の元本毀損のリスクを取りたくない人が多いので、元本確保+転換オプションはそういう投資家向けのスキームなんでしょうね。(株式という体裁を取るためのスキームで議決権もありますし)

(さいもん)最後にひとつだけ、「どうころんでも悪くない」かどうかは、「インフレ下の株安」という最悪の事態がないとは言えないので断言はできないと思います。こうなると安全なのは外国資産か金ぐらいでしょうけど、そのぐらい情勢が悪くなっても逃げられない。トヨタ自体の信用リスクはほとんどないとしても、市場全体のリスクは丸被りしないといけません。
普通はここまで考える必要は無いのですが、流動性ゼロというのはそのくらい特殊な条件だと思います。長々と書いてすみません。ありがとうございました。

(小黒とら)多面的な意見、ありがとうございます。さいもんさんのようにリスクを洗い出して検討する姿勢は大事ですね。
トヨタの個人向け新型株は、ユニークなスキームなので議論は尽きないです。さいもんさんのおかげで私も理解が深まりました。ありがとうございました。

どうでしょうか。私は興味が湧いたので無事発行されたら少し申し込んでみようかと思います。
ふと思ったのは、もしトヨタ(7203)が株主優待実施企業だったら、申込みが殺到するのではないかということです。
元本確保、優待付で配当利回りが固定の種類株(議決権あり)…可能な限り転換しないでホールドしそうです。