カテゴリー:時事・相場関連
ホームPage 3 / 41234

農林中央金庫(ウィキ)

「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意

>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」
>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる

農業関係者と金融関係者以外はほとんど一般国民の関心が無いと思われる巨大金融機関が農林中央金庫です。日本最大のヘッジファンドとして投資家にもおなじみでしょう。これぐらい関係者と一般人で認識の違う機関も珍しいと思います。

で、農林中金はJAバンクが集める80兆(!)の預金を運用してします。この運用資金を農業に融資するのが本来の仕事ですが、実際に農業に回っているのはこのうちのわずか0.1%、だから農林中金はいらない、というのが進次郎議員の主張です。まあもっともな話です。

やる気のある農家は農協を当てにせず地元の銀行や信金から融資を受けているそうです。

農林中金はバブル崩壊後の住専問題や2008年のサブプライム問題で大穴を空けたことがあり、いずれも政府によって救済されています。昨年から続いているチャイナショックも心配ですが、本業の農業融資を疎かにしてウォール街での派手なディーリングばっかりやっている農林中金の体質が変わっていないとしたら、確かにいらない組織ですね。

JAバンクの貯金は郵貯やメガバンクの預貯金より利率がいいので一部で有名です。たとえばこんなのです→相互リンク先の1億円を貯めてみよう!さんのページ:高利の定期貯金!JA草津市 常盤支店新築オープン記念 特別貯金取扱中(3月31日まで)

利用するには組合員になる必要がありますが、農業関係者以外も出資して准組合員になることで利用できます。

こうやって集まった預金がどうやって運用されているのかは、確かに国民はもっと関心を持った方がいいですね。
この記事の続きを読む

優待王・桐谷氏、“人生最大の失敗”激白「救ってくれたのは…」

>株主優待生活で引っ張りだこの“桐谷さん”こと桐谷広人氏が17日、『日経マネー30周年記念 特別シンポジウム』に登壇した。当日は「クラッシュで死にかけた私を救った優待投資」をテーマに、“人生最大の失敗”を激白し、大勢の聴衆を魅了した。

 >桐谷氏が生活費に困ったときに、優待でもらったお米や缶詰などで救われたことは周知の事実。だが、実は信用取引でマイナスが膨らみ、本当に金銭面で地獄を見たときがあったという。


いつのまにか優待王になっている桐谷さんです。

「激白」となってますが、桐谷さんが過去に信用取引で何度か失敗しているのは周知の事実。親に金を借りた話は聞いた事がありましたが、妹さんにも借りたんですね。妹さんに300万円、父親に3千数百万円。

それにしても、ここまでプライベートをさらさないといけないんですかね。歳からしてもうひっそりと暮らせばいいと思いますが、桐谷さんって独身のせいか全然枯れてないんですよね。


ところで、信用取引する人は最終的にどれだけ金策できるか考えておいた方がいいですよ。

ちょっと経験ありますが、人間追い込まれたら何を考えるかわかりません。売る家も無ければ頼る親もいないという人は、昔は信用口座の審査が通らなかったらしいですよ。今はネット証券で下手したらクレジットカードも作れないような人でも口座が開けたりするので、何かあったらヤバいです。

迷惑をかけられる人がいるだけ幸せですね。

この記事の続きを読む

ギリシャ_convert_20150804131020
 

ギリシャ危機は2009年10月、ギリシャにおける政権交代に端を発します。成立した社会主義政権が旧政権が行ってきた財政赤字の隠蔽を暴露したのです。粉飾です。飛ばしです。オリンパス(7733)です。

そのためギリシャ危機を考えるには、この粉飾劇の時期(2001年)までさかのぼる必要があります。

ギリシャはどうしても統一通貨ユーロに加盟したかったのですが、加盟するには厳しい財政基準をクリアする必要がありました。どのぐらい厳しいかというと、本当に厳密に適用すると一部の国しかクリアできないほどです。現在の加盟国のほとんどが手心を加えられています。

この問題解決に手を貸したのが、アメリカの投資銀行ゴールドマンサックスです。
一番わかりやすい解説はこれでしょうか→そもそもなぜギリシャはユーロに加盟できたのか?

ゴールドマンサックスは手数料とCDS(空売り)でぼろ儲けします。一国の財政の表から裏まで、もっといえばユーロシステムの脆弱性まで把握して行うディールですから、言うなれば究極のいかさまインサイダー取引です。汚いですね。

2001年から2015年までギリシャはゴールドマンサックスの打ち出の小づちだったと言えます。リーマンショックは危ない所でしたが、各国の中央銀行が必死に財政出動したおかげてゴールドマンサックスの利益も守られました。その結果ギリシャの借金は、ギリシャ人のふところに入るわけでもないのに、どんどん増えていきます。

今回のギリシャ危機の報道でも、ギリシャに厳しい日本や欧州の報道に比べてアメリカのメディア、特にウォールストリートジャーナルが妙にドイツに批判的なのはこういう裏があります。

ところでギリシャが財務を誤魔化していた時期、ゴールドマンサックスの副会長を務めていた人物をご存じでしょうか。マリオ・ドラギという人です。そうです、ECB(欧州中央銀行)の現総裁です。ギリシャの手の内は欧州側にもバレバレだったのです。

手の内をオープンにして麻雀を打っているようなギリシャが全面降伏に追い込まれたのは当然でしょう。逆転(?)するには麻雀卓をひっくり返すしか方法はありません(ユーロ離脱)。

もちろん大元の原因は粉飾にあります。しかしユーロ加入条件が非常に厳しく、その後有名無実化したことを考えると加入の是非はともかく、諸悪の根源は当時の政権の放漫経営でしょう。それは弁護できません。

しかしギリシャから最後の一滴まで搾り取ろうとするアメリカやドイツといった大国の資本には義憤を禁じ得えません。この大国の乾いた論理に比べたら、「借りたものは返さない方が悪いよね」といった日本の庶民の素朴な感想など、かわいいものです。

せめて直接的な利害関係の無い人は、かわいそうなギリシャ人に同情してやってください。
この記事の続きを読む

「月曜から夜更かし」(土曜日でしたがスペシャルだったので)で久しぶりに桐谷さんが出るので視聴しました。例によって実家で見ました。

さすがにもうネタ切れの感がありますが、これは私が桐谷さんについて知りすぎたからそう感じるのかもしれません。

前回片付けたゴミ屋敷も、今回また元に戻っていました(やっぱり…)。そもそも家の広さに対して荷物の絶対量が多すぎるので、これを解決するのが今回のテーマでした。つまり荷物を減らすか、いっそのこと広い所に引っ越すかです。

まず荷物を減らす方ですが、早期リタイア者はミニマリスト(持たない暮らし)も兼ねている人も多いのでご存知の方も多いと思いますが、「断捨離」で有名なやましたひでこ女氏が出演して指導していました。

ただ桐谷さんとやましたひでこ女氏では生きてる次元が違いすぎるので、全然噛み合っていませんでしたが…
結局断捨離はそこそこに、物件探しがスタートします。

今回思ったのは、やはり桐谷さんは富裕層に属するということ。
金融資産が1億6千万以上あるのもそうですが、すでに年金受給年齢に達していて厚生年金もある。将棋棋士は今は公益法人で月給も厚生年金も無いんですけど、桐谷さんの現役時代はあったんですね(この辺は番組でやらないので知らない人がほとんど)。

年金に加えて、もともと引退棋士は将棋連盟からイベントや将棋指導、将棋教室などのあっせんを受けることが出来るのでやる気と営業能力さえあればけっこう引退してからも食っていけます。

ましてや桐谷さんは今やたぶん日本一稼いでいる引退棋士です。

にもかかわらず桐谷さんはなんであんな貧乏くさい生活をしているのか?ということなんですけど、番組を見た人はわかると思いますけど、生活能力が破綻しているからですね。

掃除も自炊も出来ないし、物が壊滅的に捨てられない。これが一般人ならどうしようも無い人なんですけど、まあ桐谷さんだからいいか。桐谷さんはそんな次元では生きていない。

物件探しも都心で家賃20万円までといういささか贅沢な条件です。凄くキレイなマンションとか出てきましたが、どうせゴミで埋まるんだからボロ家でいいじゃねえか、と視聴者は皆思ったことでしょうw
結局番組中では決まりませんでした。

早期リタイア者やミニマリストから見ると、生活改善についてはひとこと言いたくなりますが、なんせ桐谷さんなので一般論では語れない所があります。もともとプロ棋士なんて変人ばっかりだし(失礼)。

配当金生活者としては、桐谷さんが株式関係書類に埋もれて寝る画を見て笑いましたねw

この記事の続きを読む

ホームPage 3 / 41234