カテゴリー:無職
ホームPage 1 / 3123

セミリタイア後に無職を名乗るのが嫌で、資産だけはあるものだから、投資家、不動産経営者を名乗っている人をたまに見かけます。

名乗ってる本人はカッコイイと思っているのかもしれませんが、客観的には聞いた人は多分うさんくさい人だなと思っているのが大半でしょう。私もそう思います。

職業としての投資家、不動産経営者を名乗るのは結構ハードルが高いです。いや自称するのは誰でも出来るんですけどね。


当たり前ですが株式投資や不動産経営を法人化してそこの役員に収まってしまえば無職ではありません。

しかし元々サラリーマンの人がいきなり法人化は相当ハードルが高いでしょう。

ならばまずは自営から、となりますがとなりますがこれだって投資家や不動産経営者を名乗るには結構ハードルが高いです。


自営業の話に入る前にまず無職の定義からです。

関連記事:the・無職。無職の定義とは?

総務省のサイトを見ると「職業分類において職業とは、個人が行う仕事で、報酬を伴うか又は報酬を目的とするもの」となっています。

また次の収入は「報酬」と認められません

利子、株式配当、家賃、間代、小作料、権利金等の財産収入(ただし、アパート経営、貸金等により労働の対価として得ている場合を除く。)

自己所有の株券等の売買差益による収入

つまり法人化していない専業株式投資家はそれだけだと全員無職です。

不動産経営者を名乗る場合も、家賃収入を「労働の対価として得ている場合」を除けば本当は無職になります。

「不労所得」を得ているだけなら自称はともかく実態としては無職でしょう。主観的に株式・不動産投資は労力を伴うので不労所得ではない、と言ってみてもむなしいだけです。


自営業者として株式投資家を名乗るのは無理ですが、不動産投資ならある程度の規模から事業として認められるので、こちらはアリです。

外部リンク:事業としての不動産貸付けとの区分(国税庁)

「5棟10室」以上の規模から不動産所得ではなく事業所得として認められる判定なので、こちらなら不動産経営者を名乗っても良いでしょう。

本気でバリバリ不動産経営してるのだからどこにも文句がありません。


ただ肩書きが欲しいから不動産を経営したり会社を設立する、というのは本末転倒だと思うので、もともとサラリーマン時代からそういう実績や志向があった人以外は現実的ではないと思います。


世の中には何の仕事をして収入を得ているのか分からない人が結構います。

怪しい株式投資家や不動産経営者の肩書きにそれほど執着する事もないでしょう。

サラリーマン時代に株や不動産以外の副業をしていた人は、それを形だけでも本業化して好きな職業名をつければいいと思います。なるべくうさんくさくない、耳に馴染みが良いのがいいですね。

それで収入を得て税金をちゃんと払っているなら、職業名など好きに名乗っておけば良いと思います。青色申告しているなら税務署にそれで届け出ているわけだし。

この記事の続きを読む

私は早期リタイアした2014年ごろは、なぜか無職という肩書きにこだわっていました。

「無職で何が悪いんですか。就職しなくても食っていけるんだから、私は誇りを持って無職をやってます。」

という気持ちを、(口には出しませんが)持っていました。

現在は色々と気持ちが変わって、職業を聞かれたら「自営業です」と答えています。

実際、税務署に開業届を出しているのでウソではありません。

まあ、今の所の売上はこのブログしか無いので、実質的には無職と何ら変わりは無いのですが……

それでも自営業を名乗るようになったのは、無職を名乗った時の相手の反応がだんだん面倒になってきたからです。

無職と名乗った時の反応の一例は、過去記事をご覧下さい。

過去記事:無職という肩書きについて

実態がどうあれ、自営業と名乗っていれば他人の事情にそれ以上突っ込む人はいませんし、まあ色々と面倒になって、ひよったワケです。

というワケで、早期リタイア後に肩書き問題で悩む人は、ウソでも自営業と名乗っておけばいいんじゃないかな、と現在では思っています。

後からでも開業届を出しとけばいいし、名目だけでも事業内容を考えるのも楽しいでしょう。

せっかく早期リタイアしたのに新しくしがらみが出来るのが嫌だ、という私のような人は「ウェブサイト運営業」がおすすめです。
今まで通りひとりでブログ書いていればいいんですから。

とにかく、せっかく早期リタイアしたのに、人にわずらわされたりマウンティングされたりするのはゴメンです。

あ、蛇足ですが間違っても投資家とかトレーダーとか変な職業を名乗ってはいけませんよ。無用の関心が生まれてしまいます。シンプルに自営業とか自由業でいいんです。


↑私のような不真面目な自営業にはこのレベルの本でも迂遠です。「早期リタイアして肩書きだけ欲しい自営業者向けの本」なんて存在しませんからね(笑)

↑この本はおすすめです。本当に必要最低限だけの事が書いてあります。

今年から自営業になる、という事で、税務署に個人事業の開業届を提出してきました。

開業日は平成29年1月1日。

無職になったのが平成26年の10月31日(第二次黒田バズーカが炸裂した日)だったので、足かけ4年、2年2か月に及ぶ無職生活に終止符を打った事になります。

開業届の職業欄は一応、「ウェブサイト運営業」としたのですが、ここは別に大した意味は無いようです。しょせん職業名など自称に過ぎません。税務署が気にするのは実際の業務内容です。事業税の区分に関わってくるから。

同時に青色申告承認申請書も提出しました。

書類の書き方はカンタンなので、特に悩む事は無いでしょう。税務署での手続きも、記入漏れが無いかチェックするぐらいで、ポンポンと受領印を押して1分で終了。カンタンなものです。

本当に紙切れ一枚だけの話です。気軽に出せば良いと思います。

無職を気にする人は変に悩まないで、税務署に開業届を出すだけで良いのですよ。それで立派な個人事業主、立派な社会人です。社会人は会社人の事では無いのです。


「無職」カテゴリに愛着があるので、今後も無職関係の記事は書くかもしれません。
 

小人閑居して不善をなす ショウジンカンキョシテフゼンヲナス

記憶が定かでは無いのですが、学生の頃に誰か大人にこの言葉を教わったような気がします。

小人、つまりつまらない人間がヒマを持て余すとロクな事を考えない、悪事をはたらく、というような意味あいで、勉強しない子供や働かない大人に説教する時に便利ですね。

無職でゴロゴロしてる人間なんてまさにこれで、そのうち犯罪にでも走るんじゃないの?とトンでもない偏見を持たれたりするかもしれません。

しかし調べて見ると、どうも本来の意味は違うようです。

出典は「四書五経」のひとつ「大学」で原文は、

君子必慎其独也 小人閑居為不善 (君子はひとりの時でも身を慎み、小人は人が見てないと悪事に走る)

となっています。

悪事と言えば大げさですが、人間は人目が無いとサボりがちというぐらいの意味なら頷けますね。

ってこれ全然意味が違うじゃないですか。

「閑居」の閑はヒマという意味ではなく間居、独居という意味らしいです。

「閑(ヒマ)」「不善(悪事)」という言葉の力(イメージ)が強すぎて、誤用の方が拡がって完全に定着してしまったようです。

早期リタイアしてヒマそうにしてるとこの言葉を持ちだして説教されるかもしれませんが、その時はこの知識で正しい?意味を教えてあげて下さい。

まあ実際ひとりでゴロゴロしてロクな事を考えてないので、何の解決にもなってない気がしますが……君子にはなれませんがちょっとは身を慎んだ方がいいかもしれません。

ホームPage 1 / 3123