カテゴリー:ライフスタイル

移住に際して賃貸住宅の火災保険を検討しています。

賃貸住宅を契約する時はたいてい不動産屋が指定する火災保険に入る事をすすめられます。その場合、賃貸契約書に火災保険の加入義務について書いてあるはずのでチェックしましょう。

例文をあげるとこんな感じです→「乙は、本契約の継続期間中、甲の指定する条件を満たす火災保険に加入するものとする」

このまま不動産屋の言いなりになっていると割高でオーバースペックな、はっきり言って不要な保険に入らされるので、あらかじめ火災保険については検討して決めておいた方がいいです。

この契約書の文言だと条件を満たしていれば、どの火災保険でも良いわけです。もし保険の銘柄まで指定されているようなら、契約書に押印するのはやめて契約書の文言自体を修正してもらえばいいでしょう。

私が入居しているアパートで最初に薦められた保険は大手保険会社の賃貸住宅総合保険で、スペック的には以下のようなものです。

家財保険 290万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 1500万円
保険料(1年) 9000円(クレカ払い可)

1月あたりの保険料だと1000円以下だし、クレカ払いも出来るし、引っ越しの時は他にする事が一杯あるのでもうこれでいいやと思うかもしれません。

しかし賃貸住宅に住む人の多くは大して高額な家財は持っていないはずなので、家財保険は不要と言えます。自分の火の不始末だけでなく、隣家が火災を起こした時の損害も補償されるので入っておくべきという人もいますが、そもそも大した家財が無いのなら不要でしょう。

地震保険についてはこの保険は総合保険だから入っていると思ったのですが貰ったパンフレットを見てみると入って無かった。まあこれも同じ理由で不要です。

必要なのは借家賠償、正式には「借家人賠償責任保険」です。これは大家への損害賠償が発生した時に支払われる保険です。500万円~2000万円ぐらいの設定が多いです。自室が燃えたり隣室へ被害が拡大したりした場合の事を考えるとこれだけは必要だし大家の立場からすると入ってもらいたい保険なので、契約書にも加入を義務づける旨が書いてあったりするわけです。

kasai.png
これをふまえて契約内容を見直し不要な保険をカットするとどれぐらいの節約になるか。

日新海上火災の火災保険だと最小限の構成で保険料4000円です。

家財保険 100万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 2000万円
保険料(1年) 4000円

これなら十分安いと思いますが、あえて不満点を挙げるとすると、家財保険や借家賠償をこれ以上下げられない事でしょうか。

借家人賠償責任保険は家財保険に付帯する保険という扱いなので、家財保険をゼロにする事はできないようです。

そこで家財保険を可能な限り下げる事を考えると、県民共済の「新型火災共済」が視野に入ってきます。

新型火災共済の最低限のプランだと次のようになります。

家財保険 10万円
地震保険 なし(別に地震共済に加入できる)
個人賠償 なし(別に加入できる)
借家賠償 1000万円(500万円のプランもある)
保険料(1年) 2048円

一気に半額まで下がりました。個人賠償責任保険は別に入ればよく、自動車保険の付帯などで既に加入している人は重複して入ると無駄になります。こういう最小構成に出来るのが共済の良い所です。(県によっては家財保険を10万円まで下げられない所があるかも)

共済にも個人賠償責任保険はあって年払いで1680円、月あたり140円なので最安クラスです。個人賠償責任保険に入ってない人は火災共済と同時に加入しておけばいいでしょう。

個人賠償の限度額が3億円になっているので安くて高スペックで文句の無い所です。

そうすると合計で3728円になり、わずかですが日新火災より安くなります。(ただし最初は共済の出資金200円が必要。共済を脱退する時は返ってきます)

さらに共済の場合は非営利団体なので、割り戻し金があります。毎年3月の決算で剰余金が生じたときに加入者に戻すお金で、割り戻し率は全国平均で3割程あります。確実にあてに出来るお金ではありませんが、割戻金の存在を考えると実質最安の保険は火災共済でしょう。賃貸住宅住みの場合はこれで十分なはずです。

固定電話や携帯電話などの音声通話を契約せずに、基本料金0円の050番号IP電話だけで生活するのが通話料0円生活です。

こちらから発信しなければ通話料はかかりませんが、番号を維持するのに基本料金がかかっていると待ち受け専門でも料金が発生している事になりますからね。

関連記事:世捨て人に電話はいりません

ただし困るのがフリーダイヤルにかける場合です。

IP電話からはフリーダイヤルにかけられないので、他に音声通話を契約していない人は、こういう場合は公衆電話を探すはめになります。

あまり知られていませんが公衆電話からも無料でフリーダイヤルにかける事ができます(一部公衆電話から繋がらないフリーダイヤルもあるようです)

そもそも最近はあまり公衆電話を見ないので使い方を知らない人がいるぐらいですし……


ただ公衆電話は最後の手段として、自宅でもフリーダイヤルにかけたい場合は、対応している050IP電話アプリがひとつだけあります。

それがブラステルの「050Free」です。

外部リンク:050Free(ブラステル)

プリベイド型のIP電話サービスで、コンビニでブラステルカードを購入するか、クレジットカードでチャージする形になります。

しかしアカウントの取得自体は無料で出来ますし、050番号の取得も無料です。プリベイド型なのでクレジットカードも無くても050番号が取得できるのはここだけでしょう。

(ただし認証にSMSを使うので、ショートメッセージを受信できる環境だけは必要です)

最後の関門としてフリーダイヤルは非通知からの着信を拒否していることがあるので、その場合は050Freeではつながりません。公衆電話を探すことになります。それでも駄目ならあきらめましょう。滅多にないケースでしょうけど。



他に注意点としては、050番号を維持するのに期限があります。番号取得から1年以内にチャージや有料課金通話が無いと解約扱いになります。

クレジットカードで最低額の500円だけチャージして、1円分でも通話があればまた期限が伸びるので普通に使う分にはあまり問題にはならないでしょう。

競合の他の050IP電話よりも安い料金体系の最安クラスのサービスなので課金して普通に使っても良いと思います。前払い制なのでトラブルやサービス改悪があった場合の事を考えるとむやみに大量課金はしない方が良いとは思いますが。

この記事の続きを読む

私は現在クレジットカードは3枚保有しています。

そのうち2枚はセミリタイア前に作って継続利用しているもので、1枚はセミリタイア後に新たに作ったものです。

(もう1枚別に作ったカードもあったのですが使わなかったので様子をみて解約)


セミリタイア前に作った2枚のカードは、090の携帯電話番号で審査を受けました。

その後携帯電話を解約したので、Webの会員ページ画面からIP電話の050番号に登録変更しました。

(携帯電話なし、固定電話の欄に050番号を入力)

050番号の信用ってどうなのかな?と思いましたが、今時これも古い考えで、カード会社としては確実に連絡が付くなら電話番号の種別などは何でも良いようです。

今時最大手のNTTだって050番号のIP電話サービスを推しています。


セミリタイア後に作ったカードは、050のIP電話番号で審査を受けました。

050番号で審査通るのかな?と心配しましたが、今時これも古い考え(以下略)で無事作成できました。

利用限度枠はかなり少なかったのですが、これは退職して属性が変わったせいで電話番号は関係ないでしょう。

セミリタイア前に作ったメインカードの方が枠が大きいので問題はありません。



IP電話の050番号は無料で取得して無料で維持できる所もあるので、本当に良い時代になったなと思います。

関連記事:世捨て人に電話はいりません

この記事の続きを読む

証券会社の口座はあまり数が増えすぎると管理が煩雑になるので、口座数は絞った方がいいと思います。

引っ越しや転職の時など住所変更や属性変更などの事務手続きの手間がかかりますし、2015年12月以前に開設した口座はまだマイナンバーの届け出をしていない人も多いはずです。

未届けの口座は2018年末までにはマイナンバーの届け出をしなくてはいけません。

また、ご契約内容に関わらず、2015年12月末までに証券総合口座を開設をしたお客さまも、2018年12月末までにマイナンバーのご提示が必要となりますので、期限内にお手続きをお願いいたします。

Qマイナンバーを提示しない場合はどうなりますか?(SBI証券ヘルプ)


以前はSBI証券のヘルプには「2018年12月末までにマイナンバーがご提示いただけない場合、2019年以降のお取引が停止となる可能性もございますのでご注意ください。」という文言があったのですが、いつのまにか消えていました。

証券会社としてはとにかくマイナンバーを提示してくれということでしょうし、マイナンバーを提示しなかった場合は具体的にどうなるのか結局分かっていません。

関連記事:期限までにマイナンバーを届出しなくても株取引には影響は無い、らしい


それはともかく、普段取引していない休眠口座がある人は、証券会社にわざわざマイナンバー情報を渡す事もないでしょうから、この際使ってない口座は解約・閉鎖の手続きを取った方がすっきりするでしょう。


しかしまた、この口座の解約・閉鎖の手続きが面倒くさいんです。本人確認が必要ということで?いくつかの証券会社が解約・閉鎖書類の郵送のためにつながりにくいコールセンターに電話させるという手順になってます。

ネット証券でもわざわざ解約書類を郵送してもらい記入してまた返送、ネット上でPDFファイルをダウンロードして印刷、郵送という証券会社もありますがやはり手間はかかりますね。

いまどき取引の殆どがネットで完結するネット証券なのになんだかなあと思います。解約手続きの手順をわざと複雑にしているのではないかと邪推してしまいます。

なおマイナンバー関係なしに証券口座は放置していて問題はないのか、という点はおそらく問題無いでしょう。

銀行口座のように何年も取引が無いと勝手に閉鎖されるという事も無いようです。

以前は特定口座で2年間残高がないと勝手に一般口座にされてしまうみなし口座という制度がありましたが、制度改正でなくなりました。

今後何か問題が出てくるとすればやはりマイナンバー関連ではないかと思いますが、何も問題ないかもしれません。何年も口座を残高ゼロで放置してIDもパスワードも忘れてしまった、という人はごまんといますし。

しかし私としてはやはり気持ち悪いので、無駄な口座はその都度整理するようにしています。ついつい口座数を増やしてしまうんですよね。

さてコールセンターに電話するとしますか……

この記事の続きを読む