カテゴリー:節約・ドケチ
ホームPage 1 / 212

移住に際して賃貸住宅の火災保険を検討しています。

賃貸住宅を契約する時はたいてい不動産屋が指定する火災保険に入る事をすすめられます。その場合、賃貸契約書に火災保険の加入義務について書いてあるはずのでチェックしましょう。

例文をあげるとこんな感じです→「乙は、本契約の継続期間中、甲の指定する条件を満たす火災保険に加入するものとする」

このまま不動産屋の言いなりになっていると割高でオーバースペックな、はっきり言って不要な保険に入らされるので、あらかじめ火災保険については検討して決めておいた方がいいです。

この契約書の文言だと条件を満たしていれば、どの火災保険でも良いわけです。もし保険の銘柄まで指定されているようなら、契約書に押印するのはやめて契約書の文言自体を修正してもらえばいいでしょう。

私が入居しているアパートで最初に薦められた保険は大手保険会社の賃貸住宅総合保険で、スペック的には以下のようなものです。

家財保険 290万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 1500万円
保険料(1年) 9000円(クレカ払い可)

1月あたりの保険料だと1000円以下だし、クレカ払いも出来るし、引っ越しの時は他にする事が一杯あるのでもうこれでいいやと思うかもしれません。

しかし賃貸住宅に住む人の多くは大して高額な家財は持っていないはずなので、家財保険は不要と言えます。自分の火の不始末だけでなく、隣家が火災を起こした時の損害も補償されるので入っておくべきという人もいますが、そもそも大した家財が無いのなら不要でしょう。

地震保険についてはこの保険は総合保険だから入っていると思ったのですが貰ったパンフレットを見てみると入って無かった。まあこれも同じ理由で不要です。

必要なのは借家賠償、正式には「借家人賠償責任保険」です。これは大家への損害賠償が発生した時に支払われる保険です。500万円~2000万円ぐらいの設定が多いです。自室が燃えたり隣室へ被害が拡大したりした場合の事を考えるとこれだけは必要だし大家の立場からすると入ってもらいたい保険なので、契約書にも加入を義務づける旨が書いてあったりするわけです。

kasai.png
これをふまえて契約内容を見直し不要な保険をカットするとどれぐらいの節約になるか。

日新海上火災の火災保険だと最小限の構成で保険料4000円です。

家財保険 100万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 2000万円
保険料(1年) 4000円

これなら十分安いと思いますが、あえて不満点を挙げるとすると、家財保険や借家賠償をこれ以上下げられない事でしょうか。

借家人賠償責任保険は家財保険に付帯する保険という扱いなので、家財保険をゼロにする事はできないようです。

そこで家財保険を可能な限り下げる事を考えると、県民共済の「新型火災共済」が視野に入ってきます。

新型火災共済の最低限のプランだと次のようになります。

家財保険 10万円
地震保険 なし(別に地震共済に加入できる)
個人賠償 なし(別に加入できる)
借家賠償 1000万円(500万円のプランもある)
保険料(1年) 2048円

一気に半額まで下がりました。個人賠償責任保険は別に入ればよく、自動車保険の付帯などで既に加入している人は重複して入ると無駄になります。こういう最小構成に出来るのが共済の良い所です。(県によっては家財保険を10万円まで下げられない所があるかも)

共済にも個人賠償責任保険はあって年払いで1680円、月あたり140円なので最安クラスです。個人賠償責任保険に入ってない人は火災共済と同時に加入しておけばいいでしょう。

個人賠償の限度額が3億円になっているので安くて高スペックで文句の無い所です。

そうすると合計で3728円になり、わずかですが日新火災より安くなります。(ただし最初は共済の出資金200円が必要。共済を脱退する時は返ってきます)

さらに共済の場合は非営利団体なので、割り戻し金があります。毎年3月の決算で剰余金が生じたときに加入者に戻すお金で、割り戻し率は全国平均で3割程あります。確実にあてに出来るお金ではありませんが、割戻金の存在を考えると実質最安の保険は火災共済でしょう。賃貸住宅住みの場合はこれで十分なはずです。

固定電話や携帯電話などの音声通話を契約せずに、基本料金0円の050番号IP電話だけで生活するのが通話料0円生活です。

こちらから発信しなければ通話料はかかりませんが、番号を維持するのに基本料金がかかっていると待ち受け専門でも料金が発生している事になりますからね。

関連記事:世捨て人に電話はいりません

ただし困るのがフリーダイヤルにかける場合です。

IP電話からはフリーダイヤルにかけられないので、他に音声通話を契約していない人は、こういう場合は公衆電話を探すはめになります。

あまり知られていませんが公衆電話からも無料でフリーダイヤルにかける事ができます(一部公衆電話から繋がらないフリーダイヤルもあるようです)

そもそも最近はあまり公衆電話を見ないので使い方を知らない人がいるぐらいですし……


ただ公衆電話は最後の手段として、自宅でもフリーダイヤルにかけたい場合は、対応している050IP電話アプリがひとつだけあります。

それがブラステルの「050Free」です。

外部リンク:050Free(ブラステル)

プリベイド型のIP電話サービスで、コンビニでブラステルカードを購入するか、クレジットカードでチャージする形になります。

しかしアカウントの取得自体は無料で出来ますし、050番号の取得も無料です。プリベイド型なのでクレジットカードも無くても050番号が取得できるのはここだけでしょう。

(ただし認証にSMSを使うので、ショートメッセージを受信できる環境だけは必要です)

最後の関門としてフリーダイヤルは非通知からの着信を拒否していることがあるので、その場合は050Freeではつながりません。公衆電話を探すことになります。それでも駄目ならあきらめましょう。滅多にないケースでしょうけど。



他に注意点としては、050番号を維持するのに期限があります。番号取得から1年以内にチャージや有料課金通話が無いと解約扱いになります。

クレジットカードで最低額の500円だけチャージして、1円分でも通話があればまた期限が伸びるので普通に使う分にはあまり問題にはならないでしょう。

競合の他の050IP電話よりも安い料金体系の最安クラスのサービスなので課金して普通に使っても良いと思います。前払い制なのでトラブルやサービス改悪があった場合の事を考えるとむやみに大量課金はしない方が良いとは思いますが。

この記事の続きを読む

6月下旬に北海道へむけて出発して、9月上旬に帰宅しました。

つまり7月と8月はまったく自宅の電気・ガスは使用していないので、電気代・ガス代は基本料金のみとなります。


この基本料金が結構高いのが気になります。


電気代はまだ新電力に切り替える、という節約の工夫の余地があります。

新電力の「Looopでんき」は基本料金がゼロ円なので、これに切り替えれば留守中の電気代はゼロ円です。

最近だと後発他社の「あしたでんき」「親指でんき」「ソフトバンクでんき(自然でんきプラン)」「ピタでん」「滋賀電力」あたりで基本料金ゼロ円のプランがあるようです。

電気を多く使うのは夏と冬なので、冬の暖房は灯油などを使って、夏はセミリタイアらしく寒冷地に避暑に行ってしまえば、留守宅の電気代はゼロに出来るのではないか?と考えたりします。

ただし基本料金ゼロ円プランは、狭いマンション・アパートのひとり暮らしなど、もともと電力使用量が少ない環境では逆に割高になる事があります。

電力量料金の単価が一律なので、電力使用量が少ないほど割高になります。

全く電気を使用しない時期が長い別荘などでは理想のプランですが、夏だけ留守にするセミリタイアぐらいでは微妙な感じです。

こういう時は、やはり基本料金と電力量料金のトータルでベストのプランを考える必要があります。

電気代一括比較サービス



問題なのはガス代の方ですね。

それも都市ガスなら安いのですが、プロパンガスしか選択できない地方は大問題。

都市ガスの基本料金は平均して1000円程度らしいですが、プロパンガスは1500円~2000円ぐらいのようです。

私の場合、今回留守にした8月9月はまったくガスを利用していないにもかかわらず、基本料金月1600円、2か月で3200円も徴収されてしまいました。

基本料金はそういうものだと理解してはいてもやっぱり高い。

賃貸住宅なので業者を変更するにも大家に交渉する必要があるし、調べてみたらそもそも地域にはガス業者が2社しかないようです。

こりゃ駄目です。

ガスに関してはなるべく都市ガスが使える地域に住むか、どうしてもダメならせめてガス業者を選べる競争のある地域に住むのが良いと思います。

この記事の続きを読む

12月の暖房の電気代がヤバかったので、電気代節約の為に新電力への切り替えを検討していました。

新電力の会社は数が多いのでとにかく比較が大変。正直疲れ果てました。

比較サイトを使えばいいのでは?といってもこれも大変。

電気料金比較サイトも複数あり、電気料金の比較をするためにまず比較サイトの比較をするという笑えない状況。

比較サイトは

エネチェンジ
価格.com
タイナビスイッチ
インズウェブ

あたりがあります。

使いやすさは一長一短があり、それぞれ存在する全ての新電力の案件を扱っているわけではないので、結局全部使ってみました。

しいて言えば使いにくいのは価格.comですかね。使いやすいのはタイナビスイッチとインズウェブ。





難しいのは、従来の電力会社の電力料金のプランは電力使用量が多ければ多い程割高になっているので、新電力への切り替えは基本的に安定的に電力使用量が多い、戸建で部屋数が多い大家族の家庭ほどお得になる事です。

賃貸ひとり暮らしで、一か月留守にする事もあり基本的に使用量は少ない、しかし冬場などは一日家に居て大量に電気を使うかもしれない、私のような特殊な条件に当てはまるプランって無いですよね……

Looopでんきなんかは基本使用料が0円で使用量に関わらず電気代が一定なので良さげです。全く使わない月はもちろん、使う月もある程度の電力使用量がコンスタントにあればお得になります。




やはり結論としては、どこの新電力へ切り替えても、よほど普段の電力使用量が安定的に高くなければ、劇的な節約効果はない、という事です。

しかし手間無しで少しでも安くなるなら、やっておくべきでしょう。その場合気を付けるのは、間違っても切り替え前より電気代が高くなった、という事がないようにする事です。

最終的に「HTBエナジーでんき」に決めました。

基本料金も従量料金も既存電力より5%OFF。電気を多く使う月も、使わない月も5%OFFなので損はしないでしょう。1年以内に解約したら違約金が発生する事だけ気を付ければOK。

節約という意味では大した事はありませんが、もう面倒なのでこれでいいでしょう。節約も甘くありませんね。

「コインチェックでんき」が話題になっていました。

こんなのまでやっていたんですね。

現在新規ユーザーの受付は停止しています。

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 212