カテゴリー:個別株
ホームPage 2 / 212

働くAKB世代の推しメン、ディップ株50倍-安倍相場で上昇1位 (1)

>(ブルームバーグ):アベノミクス相場が始まって3年弱、TOPIX採用銘柄の上昇率でトップを独走するのは求人情報会社のディップだ。50倍になった株価は労働市場の回復のみならず、人気アイドルグループのAKB48を起用したブランド戦略の成功によりもたらされた。

AKBうんぬんのくだりはともかく、求人関係は景気拡大局面では雇用の拡大でモロに恩恵を受ける業態ですよね。私はアベノミクスで一番株価が上がるのは派遣業だろうと思って、トラスト・テック(2154)を押さえておきましたがこれは5倍になりました。まあ「抑えた」という程度の金額なのであまり意味無いのですが……

しかしディップ(2379)はなんと50倍です。頭がクラクラしますね。ひょっとしたら私も買っていたかもしれないのですからw

最近、株価暴落で景気が悪い話ばかりなので夢のある話題を選びました。

100万円分買っておけば5000万円ですよ。人生が変わる額です。
(過去の記事:「お金持ちの教科書」その3 純金融資産5000万円の魔力

ちなみに私は10数年間で300銘柄は買ってますが、その中で50倍はおろか10倍になったものもありません。最高でも5,6倍です。5倍でも十分なんですけどね、大口で買っていれば。

初心に戻ってまた10倍株を狙ってやろうかと思います。暴落なにするものぞという気概です。

キユーピー ディップソース バーニャカウダ 500ml


この記事の続きを読む

NTTドコモ(9437)が10年来の高値を連日更新しています。

しかし私が株を始めた10数年前からアベノミクス前夜の2012年までは、NTTドコモ(9437)の株価は年々下がり続けてきました。そのため隔世の感があります。

2000年のITバブルの頂点の株価が高すぎたのも原因なんですが、その後再編された通信セクターではKDDI(9433)やソフトバンク(9984)に比べて明らかにパフォーマンスが悪く、ネット上では毎年のようにクソ株ランキングにノミネートされる始末でした。

特に印象深かったのが、2012年10月26日の四半期決算説明会。

ドコモ 2013年3月期 第2四半期決算説明会←57分頃から問題の早川氏の質問

アナリストが呆れる、さじを投げるほど当時のNTTドコモ(9437)の経営が酷かったので、株価は暴落。私はこの末期的状況を見て、「これは底が近い」と思って買いのタイミングを計っていました。当時高配当株のポートフォリオを構築中だったので、NTTドコモ(9437)は候補の筆頭でした。

ただし、アナリストが憤慨するほどNTTドコモ(9437)への不信感は強かったので(私も同感でした)、大多数の人は買いを躊躇していたと思います。私も少しだけ買い、翌11月に民主党が解散総選挙に追い込まれたのを見て残りの枠を買い付けました。結果的にこのあたりが10年来の大底になりました。

NTTドコモ(9437)10年_convert_20150730114853↑2012年11月が大底です。


NTTドコモ

何が言いたいかと言うと、今のNTTドコモ(9437)の株価を見て、しみじみと総悲観は買いだなあと思うことと、逆に総楽観は売りだということです。今は中国株の暴落や米国の利上げ報道などで、まだまだ株式市場に心配の種は尽きないので、もう少しは引っ張れるのかなと思っています。ある程度は大きな調整はあると思いますが。

この記事が天井サインになったりして…

この記事の続きを読む

乳幼児向け知育玩具の企画開発をしている会社。
乳幼児玩具メーカー・ピープル

配当性向100%、無借金。

ジャスダック上場で、時価総額30億円以下の超小型株、期末一括配当(しかも1月決算)、少子化で縮小が見込まれる業界と不人気の要件を満たしている。
以前は500株単位でさらに不人気に拍車をかけていた。

そのため割安で買えるチャンスはある。

普通の配当株は利回りが自分で設定した基準を超えたら買いを検討するのだが、ココの場合はちょっと注意が必要。
配当が業績に100%連動するので、増配で利回りが急上昇した時に買いを入れるとそこが天井になる場合が多い。

過去の実績だと配当半額も普通にあるので、減配後にそこそこの配当利回りになったときに買うと良いか。
配当利回りの高い時に思い切って利益確定し、配当利回りが低い時に買うのが吉という配当株としては珍しい銘柄。

IRが充実していて好感の持てる小さな企業。

この記事の続きを読む

銘柄数が多いと管理が大変になる。

専業投資家でもなければ管理しきれるものではない。

だから、購入時にしっかりと調査して、あとは配当利回りをチェックするのみに留めている。

エクセルで一覧表を作り、配当利回りを自動で計算できるようにする。

毎日の株価と1株配当の更新は、楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)を利用する。

rimawari_convert_20170301120343.png



(2017年3月4日追記)

問い合わせがあったので、私が現在使っている配当利回りを自動計算するエクセルシートを紹介します。


kabuka_convert_20170304112737.png

株価の「現在値」、「一株配当」を自動取得して配当利回りを計算します。ついでに「権利落ち日」も自動取得できます。

マーケットスピードを利用する為に楽天証券の口座が必要です。

黄色のセルの部分は手入力して、後は計算式を入れます。配当利回りが3%を割ったら条件式でセルの色が変わるようにしています。必要最小限のシンプルなもの。

E2=RSS|’1723.T’!現在値
F2=C2*E2
G2=RSS|’1723.T’!配当
H2=C2*G2
I2=G2/D2
J2=H2/F2
K2=H2*0.79685
L2=RSS|’1723.T’!配当落日

参考:マーケットスピードオンラインヘルプ

関連記事:【エクセル】楽天RSSを使って株価、一株配当、配当落ち日を自動取得するやり方【Excel】



この記事の続きを読む

ホームPage 2 / 212