カテゴリー:個別株
ホームPage 3 / 3123

乳幼児向け知育玩具の企画開発をしている会社。
乳幼児玩具メーカー・ピープル

配当性向100%、無借金。

ジャスダック上場で、時価総額30億円以下の超小型株、期末一括配当(しかも1月決算)、少子化で縮小が見込まれる業界と不人気の要件を満たしている。
以前は500株単位でさらに不人気に拍車をかけていた。

そのため割安で買えるチャンスはある。

普通の配当株は利回りが自分で設定した基準を超えたら買いを検討するのだが、ココの場合はちょっと注意が必要。
配当が業績に100%連動するので、増配で利回りが急上昇した時に買いを入れるとそこが天井になる場合が多い。

過去の実績だと配当半額も普通にあるので、減配後にそこそこの配当利回りになったときに買うと良いか。
配当利回りの高い時に思い切って利益確定し、配当利回りが低い時に買うのが吉という配当株としては珍しい銘柄。

IRが充実していて好感の持てる小さな企業。

この記事の続きを読む

銘柄数が多いと管理が大変になる。

専業投資家でもなければ管理しきれるものではない。

だから、購入時にしっかりと調査して、あとは配当利回りをチェックするのみに留めている。

エクセルで一覧表を作り、配当利回りを自動で計算できるようにする。

毎日の株価と1株配当の更新は、楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)を利用する。

rimawari_convert_20170301120343.png



(2017年3月4日追記)

問い合わせがあったので、私が現在使っている配当利回りを自動計算するエクセルシートを紹介します。


kabuka_convert_20170304112737.png

株価の「現在値」、「一株配当」を自動取得して配当利回りを計算します。ついでに「権利落ち日」も自動取得できます。

マーケットスピードを利用する為に楽天証券の口座が必要です。

黄色のセルの部分は手入力して、後は計算式を入れます。配当利回りが3%を割ったら条件式でセルの色が変わるようにしています。必要最小限のシンプルなもの。

E2=RSS|’1723.T’!現在値
F2=C2*E2
G2=RSS|’1723.T’!配当
H2=C2*G2
I2=G2/D2
J2=H2/F2
K2=H2*0.79685
L2=RSS|’1723.T’!配当落日

参考:マーケットスピードオンラインヘルプ

関連記事:【エクセル】楽天RSSを使って株価、一株配当、配当落ち日を自動取得するやり方【Excel】



この記事の続きを読む

ホームPage 3 / 3123