カテゴリー:投資本等
ホームPage 1 / 3123

十分な金を稼ぎ、すべての人々から遠ざかりたい。

映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より

名言というか迷言?映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より。

wikiによると主人公ダニエル・プレインヴューのキャラクターは実在の石油王Edward Doheny(en)とドラキュラ伯爵をモデルにしている……と言う事らしいです。

私は映画マニアじゃないので映画の薀蓄は置くとして、セミリタイア的に解釈します。

主人公のダニエルはカリフォルニアの山師から石油王に成り上がっていくわけですが、その人物像は競争心が強く人間嫌い、でもひとりでは生きていけないというややこしい性格です。

人間が嫌いでひとりになりたいだけなら、必要以上のおカネや成功は要らないのですが、そこは生来の山師的性格でどうしても競争に打ち勝ち成功してからでないと、引退は出来ないようです。

そして石油の採掘事業で成功しだすと、今度はひとりになるために自分と関わりあった人間をどんどん疎外していかなくてはならなくなるという……それでいて他人を信用できない分家族を求めるんですね。

アメリカンドリーム的な大金を稼いで大成功して余生を過ごしたい人間の心理には、どこかこの手の矛盾があります。メキシコの漁師コピペみたいな。

ダークな雰囲気の映画で救いも無いので愉快な気持ちになりたい人にはおすすめできませんが、20世紀初頭のカリフォルニアの荒野の雰囲気が楽しめるので私は好きです。

荒野でキャンプする所から始めてだんだん町が出来ていくんですよね。油田もの歴史ものとしても楽しめます。

Amazonの電子書籍kindleの読み放題サービスである、Kindle Unlimited(アンリミテッド)でおすすめな投資本の紹介です。

投資本って数千円はする高い本が多いので読み放題はお得だと思います。




投資・投機界のレジェンドのインタビュー集。
日本では馴染みが薄いトレーダーの話が多いけどオニールやジムロジャーズのように日本で有名な人のインタビューもあります。

Amazonのレビューだと誰のインタビューが載っているか全員は分からないので列記しておきます。

マイケル・マーカス、ブルース・コフナー、リチャード・デニス、ポール・チューダー・ジョーンズ、ゲーリー・ビールフェルド、エド・スィコータ、ラリー・ハイト、マイケル・スタインハルト、ウィリアム・オニール、デビット・ライアン、マーティ・シュワルツ、ジム・ロジャーズ、マーク・ワインスタイン、ブライアン・ゲルバー、トム・ボールドウィン、トニー・サリバ、バン・K・タープ

読んですぐに役に立つような本ではないけど、この世界のレジェンド達のインタビュー集なので、読んでいるとテンションが上がって自分も大金持ちになれるような気になります(笑)

投資・投機で大金持ちを目指すような人はたいてい読んでいる本なので教養として読んでおくことをおすすめすします。それほどテンションの高くない人は別に読まなくてもいいです。

割安株投資で有名なテンプルトンの考えがだいたい一冊で分かる本。
「強気相場は悲観の中に生まれ~」の有名な格言もテンプルトンのものですね。

アメリカ人投資家はアメリカ一辺倒の人が多いがテンプルトンは日本などアメリカ以外の国に分散投資して成功している。

自分の頭で考えて投資するのが好きな人なら読んでおいて損はないです。

そういう人なら滅茶苦茶面白いはず。

これも有名な本。
まったくの初心者にはピンと来ない話ですが、少しでも経験のある人なら相場における心理面の比重の重さは言うまでもないでしょう。

ある程度経験のある人向け。

トレーダーを志すなら相場の知識や技術だけではまだ足りなくて、最後はメンタルの話になる。まあ相場だけじゃなくてスポーツでも何でも勝負事はそうかもしれませんが。

就職氷河期世代の記事を書こうと考えていたら、1990年代後半の世紀末的世相が思い出されてきました。この時代をよく憶えていないか、知らない若い人や、忘れてしまった古い人に、雰囲気を知ってもらうのにどうしたらよいか考えると私の好きな小説が思い浮かびます。「波のうえの魔術師」(石田衣良)です。

 

さあ取引を開始しよう。おれの話は日本経済が破局に一番近づいた1998年、あのぼんやりとあたたかな春から始まる。

 

前年の1997年は不祥事や大型倒産が相次いで、もう日本オワタ、という年でした。

総会屋への利益供与で逮捕者が続出。
第一勧銀、野村證券、味の素、三菱グループ、日立グループ、東芝その他いっぱい。

倒産したのが、

東食
東海興業
多田建設
大都工業
北海道拓殖銀行
徳陽シティー銀行
三洋証券
山一證券
丸荘証券
日産生命保険
ヤオハンジャパン

この年にあおぞら銀行(8304)の前身である日本債券信用銀行(日債銀)が経営再建策を発表し、日本長期信用銀行(長銀)と共に翌年の金融危機の主役になります。このあたりは小説にも出てきます。

融資の焦げ付きと消費税増税と緊縮財政のトリプルコンボで最悪の経済状態が始まっています。1997年はアメリカのヘッジファンドの空売りに惹起されたアジア通貨危機の年でもあります。

翌年には原油価格の下落から経済をエネルギー資源に頼るロシアのルーブルが暴落して、ロシア通貨危機が起こります。このあたりも小説に出てきます。ノーベル賞学者を揃えた世界最強ヘッジファンドのLTCMも破綻。

世界中大騒ぎでもう株なんかやる奴は馬鹿、という状況なのですが、小説の舞台である1998年は実はバブル崩壊後の大底(その時点では。その後2000年にITバブル)でした。つまり空売り屋にとっては最後の大舞台です。

就職浪人でパチプロの主人公が、謎の老相場師に声を掛けられて大都市銀行であるまつば銀行の株価操縦に加担していく話の舞台背景は、こんな感じだったわけです。これを踏まえて読むと面白いですよ。

青春出版社が発行するマネー誌の月刊BIG tomorrow(ビッグトゥモロー)が休刊するそうです。

青春出版社 広告部からのご報告

この度、月刊BIG tomorrowは、2018年1月号(11/25発売)、増刊は2018年1月号(12/14発売)をもちまして、休刊することになりました。
突然の休刊のご報告を深くお詫び申し上げるとともに、長年のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。

広告出稿について(青春出版社)

なんでも2009年あたりからアベノミクスの株高も関係なしに部数が下がり続けていたようで、これでは休刊もやむなしという事なのでしょう。他のマネー誌も程度の違いはあれど傾向は同じなので構造的な出版不況なんでしょうね。

考えて見れば私も長い事紙媒体のマネー誌は読んでいません。東洋経済とかプレジデントとか読むにしてもオンラインで済んでしまうからです。

BIG tomorrow(ビッグトゥモロー)は電子書籍の読み放題もやっていたそうですが、やはり電子書籍ではダメでオンラインに移行していかないと苦しいのでは無いでしょうか。

まあBIG tomorrow(ビッグトゥモロー)はいわゆる大衆マネー誌で、内容も株やFX、不動産投資、せどりやネットオークション、海外輸入のネット転売、おもしろ副業ネタなどを繰り返し掲載するというスタイルで、歴史は長いもののそれだけに飽きられていたんでしょうね。

時代の変化としては近年は怪しい副業系が減って有名人のインタビューやコラムと、やたらインデックス投資ネタが多かった気がします。そりゃー退屈な紙面になるでしょう。娯楽誌で山崎元さんとかに説教されたくないもの。

昔はおもしろ副業ネタがあってなかなかヒマつぶしには良かったんですけどね。

例えば海に行って流れ着いた形の良い流木を拾ってヤフオクで売って稼ぐ人とか、髪の毛を切ってかつら屋に売る人とか、ガンダムのプラモの組み立て代行で稼ぐ人とか、ジグゾーパズル組み立て代行とか、そういうのです。

やはりこういう娯楽路線だと掲載スピードの違いや動画を使えるネットとの棲み分けが出来ないので、娯楽系マネー誌の生き残りは厳しそうです。
この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 3123