カテゴリー:名言・格言

十分な金を稼ぎ、すべての人々から遠ざかりたい。

映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より

名言というか迷言?映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」より。

wikiによると主人公ダニエル・プレインヴューのキャラクターは実在の石油王Edward Doheny(en)とドラキュラ伯爵をモデルにしている……と言う事らしいです。

私は映画マニアじゃないので映画の薀蓄は置くとして、セミリタイア的に解釈します。

主人公のダニエルはカリフォルニアの山師から石油王に成り上がっていくわけですが、その人物像は競争心が強く人間嫌い、でもひとりでは生きていけないというややこしい性格です。

人間が嫌いでひとりになりたいだけなら、必要以上のおカネや成功は要らないのですが、そこは生来の山師的性格でどうしても競争に打ち勝ち成功してからでないと、引退は出来ないようです。

そして石油の採掘事業で成功しだすと、今度はひとりになるために自分と関わりあった人間をどんどん疎外していかなくてはならなくなるという……それでいて他人を信用できない分家族を求めるんですね。

アメリカンドリーム的な大金を稼いで大成功して余生を過ごしたい人間の心理には、どこかこの手の矛盾があります。メキシコの漁師コピペみたいな。

ダークな雰囲気の映画で救いも無いので愉快な気持ちになりたい人にはおすすめできませんが、20世紀初頭のカリフォルニアの荒野の雰囲気が楽しめるので私は好きです。

荒野でキャンプする所から始めてだんだん町が出来ていくんですよね。油田もの歴史ものとしても楽しめます。

初心者は何も知らない。そのことは本人も周りも承知している。しかし少し相場をかじった程度の者、第二レベルのカモは、自分は相場をよくわかっていると過信し、周りにもそう思わせる。そうした者は経験を積んだカモ、とでも言えようか。

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より

 

 

この第二レベルのカモは、自分は下落局面で買うのを好むゆえに分別がある、と信じる類の人物なのだ。だから相場の下落を待つ。また天井より何ポイント下がったかを売りの判断の基準にする。

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より

 

 

このレベルのカモは、初心者なら打ち負かされる局面を切り抜ける術ぐらいは多少わかってる。ブローカーにとっては、むしろこうした連中が、まったくの初心者よりも恰好のカモなのだ。ウォール街では、初心者は平均して一シーズン、約三週間から三十週間相場に参加するが、第二レベルのカモの場合は約三年半は持ちこたえるからだ。

エドウィン・ルフェーブル「欲望と幻想の市場」より

 

相場のカモにも段階があり、単なる初心者よりも、相場の面白さにハマって表面的なテクニックを身に着けた第二レベルのカモが最も被害総額が大きくなります。

弱気相場から強気相場、強気相場から弱気相場へと数年続く相場のサイクルが回るたびに、大量のこの「第二レベルのカモ」が退場していきます。

カモを脱するにはどうすればいいのか。

リバモアは「相場全体のコンディション」を最重要視していました。何も株価の値動きを当てる必要はありません。

1週間後の天気を当てる事は困難でも、冬の気温は全体的に低く、梅雨の時期には雨が降るだろうという程度の事は統計と経験で誰でもわかります。

初心者は人間で言うとまだ赤ちゃんで、何も知りません。

第2レベルのカモは幼稚園児から小学校低学年の児童で、経験が無いために夏がどれほど暑く冬がどれほど寒くなるかいまいちピンと来ていないのです。

相場の1サイクルを経験してまだこの段階のままならかなり絶望的です。
それに無垢な初心者と違って、中級者は欲が出てくるのでなおさら目が曇って危険です。