カテゴリー:自転車・旅行等

遍路の固定費として納経代があります。

各寺院にある納経所と呼ばれる所で、納経帳に印を押してもらうのに300円、納経帳が2000円ぐらいなので、

300円×88か所プラス2000円で28400円。3万円弱とかなりかかりますね。

納経帳に印をもらう意味は何かというと、あなたはこのお寺で礼拝してお経を上げましたよ、というお寺の有料証明みたいなものですかね。

だから証明なんか要らない、という人は省略しても構わないと思いますが、私の場合これを省略してしまうと88か所もまわるうちに絶対馬鹿らしくなって途中で帰りたくなりそうなので、必ず納経する事にしました。


納経帳_convert_20180519092223

納経所にいる人が筆でサラサラと書いてくれて、朱印を押してくれます。

2週目以降も回る人は朱印を重ねて押すか、新しい納経帳を用意します。私は新しいのを買いました。何回も回った人で納経帳が真っ赤になっている人も見かけました。

納経帳のサイズですが、あまり小さすぎるものや大きすぎるものは書きにくく押しにくいと納経所で聞いた(個人的意見だそうですが)ので、素直に適度なサイズにしました。

1周目は携行を考えてミニサイズのものにしたのですが、確かに小さすぎて字が窮屈になっていたような気がします。こちらの方が美しいかも。


御影_convert_20180519092208

納経するともれなく御影(みえい)とよばれるお札がもらえます。そのお寺のご本尊のお札なので88か所それぞれ違います。

最初もらった時はどうするんだコレ?と思いましたが未だに悩んでます。

2回まわったから今176枚もあるんですよねコレ……

ちなみにカラー御影もあるのですがそちらは別料金で納経代が追加で200円となっています。カラー専用の御影帳(アルバムみたいなもの?)や額装してもらって飾る人もいるようです。商魂たくましいですね……そんな事言ってたらバチが当たりますか。

この記事の続きを読む

四国遍路にかかった費用、温泉編です。

基本野宿なので毎日の野宿場所とは別に、風呂を探さないといけません。

これが大変であり各地の温泉を巡れるので楽しみでもあります。


henroonsen.png

どうしても風呂にありつけなかった日が36日中3日ありました。

この辺りが野宿遍路の厳しい所で、へんろ道から大きくはずれる訳にはいかないのでどうしてもこうなります。ただの野宿旅なら温泉だけをめぐればいいんですけどね。

かかった費用は13000円ちょっとで、まあこんなものでしょう。

安価な街の銭湯みたいなものは全国的に無くなっていってるので、健康ランドやスーパー銭湯、各地の温泉施設が中心になります。

あとホテルの日帰り温泉ですね。これは温泉が売りのホテルはたいてい日帰り温泉もやっているので、チェックしてみるといいでしょう。温泉マップにも載ってなかったりするので意外な盲点になっていることもあります。

こうして記録しておかないと記憶があいまいになってくるのですが、泉質の良かった所は印象に残っています。遍路旅は汗をかくし日焼けして肌にやさしくないので、肌がスベスベになる美人の湯系の温泉はいいですね。

変わり種は室戸市のシレストむろとの海洋深層水風呂が身体が浮くのが面白かったですね。

高松市のあかね温泉は別料金ですが炭酸風呂があってこれは血行が良くなります。5分も入ってると身体に微細な気泡が付着して包まれるのが面白いですよ。ここは何故か子供用のすべり台とかあって面白い所です。

野宿遍路の事情として、落ち着いて休める場所は温泉ぐらいなので、広い休憩室と充電できるコンセントがあると評価は高いです。たとえ温泉が残念なものであってもこれらが良好であれば別にいいや、というぐらいです。

この記事の続きを読む

足かけ6週間におよぶ四国遍路から帰宅しました。

ブログも通常更新に戻す訳ですが、6週間もサボってるとブログの書き方を忘れた感があるのでまず遍路にかかった費用などをまとめてみます。

遍路にかかる費用で一番大きなものは通常、宿泊費なので宿泊費から。

 

hennro.png
 

36泊で5万円ちょっとですか……結構かかりましたね。

仮に毎日宿に泊まるとすると一泊平均5000円としても、35日~40日で18万円から20万円もかかる訳です。

宿泊費を浮かそうとすると野宿などになるので、やはり歩きや自転車で遍路をするには金銭的余裕か体力のどちらかが必要になります。

今回は結願(けちがん、88か所を廻り終える事)までに36泊37日もかかっていますが、昨年は27泊28日でまわっているので本来は自転車ならもっと日数は短縮できます。

歩き遍路の人が先を急ぐのはなるべく早く結願したいというのもあるでしょうが、長引くとそれだけ費用がかさむから、というのもあると思います。

表を見ると分かりますが、基本は野宿なのにちょくちょく宿に泊まってる、それも無計画に泊まってるのは野宿計画は天候に左右されるからです。

久万高原では雪に降られて(4月ですよ!)緊急避難的にちょっと良い宿に泊まらざるを得なくなりましたし、遍路後半ではやはり天候不順で風邪を引いて余計な費用と日数がかかってます。

お遍路のハイシーズンは4月から5月にかけてだそうですが、実際に実に多くのお遍路さんとすれ違い(逆打ちだから)ました。

この季節に集中する一番の理由は天候にあります。

一年でもっとも気候が良いこの季節がお遍路に向くのは間違いないので、初心者はまずこの季節に行くべきでしょう。天候は一番大事な要素です。

雨が降ると泣きたくなり、晴れるとそれだけで嬉しい、この感情はお遍路に行った人ならだれでも共感できると思います。

自転車のキャンプ旅行中に使ってるキャンプ用品を紹介していきます。

ド定番のスノーピークのチタンシェラカップです。

シエラカップ(英語: Sierra cup)は、金属製のカップの一種である。登山などアウトドアの場において、簡便な炊事具や食器として愛用されている。

元来はシエラクラブにより制作されたシエラクラブカップ(Sierra club cup )だが、あまりに人気が高いためシエラクラブの公式カップだけにとどまらず、同種の製品を各社が製造しており、アルミニウム製やチタン製の軽量モデルや、把手が折畳式のものも作られている。

Wikipediaシエラカップより引用

シエラカップ_convert_20180214002821
チタン製のものはやや高価(それでもこれは2000円しない)ですが、軽量であり火にかけて焼きを入れると独特の色に変色して渋いので人気があります。

シェラカップはただのマグカップと違って、食器として使ったり、直接火にかけて調理器具として使うこともできます。

目盛りがついているので計量にも使えます。

軽量のこれひとつで色々使えるので荷物の点数、重量を減らす事ができます。ミニマリストにはぴったり。

キャンプ時には、これでコーヒーを飲んだ後スープやみそ汁を作ったり(あるいはその逆)します。

このスノーピークのシェラカップの欠点は、直接火にかけると、形状的に取っ手の部分が火に近く熱くなってしまうことです。気をつけないとやけどします。

私はうっかり触ってしまう事を考えて、調理に使う時は軍手をします。

コーヒー両側_convert_20180214002943
コーヒーを淹れるときに注意すること。シェラカップは口が広いので、こういうタイプのドリップバッグだと片側のフチに一箇所しか引っ掛けられないんです。

不安定でこぼれそうです。

コーヒー片持ち1_convert_20180214002932
こういう片側に引っかけられるタイプだと安定します。まあスティックのインスタントコーヒーでもいいんですが気分として……

ただ、噂によるとモンカフェのドリップコーヒーならスノーピークのシェラカップにジャストフィットするらしいので、今度試してみようと思います。

※追記

モンカフェ_convert_20180311191147
モンカフェ、キャンプで試してみました。

画像の通りジャストフィットでした。これは手に入るならモンカフェ一択ですね。

以上、「スノーピーク チタンシェラカップ」の紹介でした。