• Uber Eats(ウーバーイーツ)
カテゴリー:Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達をしていると毎日のように遭遇する住所不備問題。

住所が不完全でもピンの位置が実際の住所と激しくズレていても(以後この問題を「ピンずれ」と呼称します)、何とか配達出来るように日夜頑張っています。

しかしそもそもこの住所不備問題、ユーザー側で住所設定を正しく行えばだいたい回避できるのはご存じでしょうか?

もちろん直感的に正しく入力できないアプリの出来の良し悪しの問題もあるし、バグの存在もありますが、そこも含めて解説したいと思います。

住所不備が減れば誤配などのトラブルも減るだろうし、何度も配達員と連絡のやり取りをしなければならない事も減ります。是非修正にご協力頂きたいです。


 

まず正しい入力方法です。受け渡し場所の検索窓に住所を都道府県から〇丁目〇番〇号まで入力します。ポイントは最後の〇号まで入力する事です。マンションやアパートの名前で検索して表示される人はそれでも良いですが住所が本当に合っているかは確認して下さい。この検索結果の選択でピンの位置が決定するので、最後の号まで合っていないとピンがズレるという訳です。


 

正しい検索結果を選択出来ればこのような画面になります。繰り返しますがこの時点でピンの位置は決まっているので、このあと住所項目をいくら修正してもピンずれは直りません。

誤配を減らす為にも住所項目は郵便番号から全て入力しましょう。特に「建物名または一戸建て」「部屋番号または建物の外観」も必ず入力して下さい。

一戸建ての場合は空欄にするのではなく「戸建て」と入力して下さい。配達員が見た時に戸建て表示が無いと、本当に一戸建ての家なのか建物名を入力し忘れた集合住宅なのか現地に行くまで(状況によっては現地に行っても)判別が付かないからです。

表札のある家なら表札の名前も入力すると完璧です。なぜならウーバーアカウントのユーザー名は本名でなくてもOKで、たまに芸能人やアニメキャラの名前のお宅に配達に配達する事もあるからです。

またウーバーの名前の表示は西洋式で名性の順なので、田中太郎だと「太郎 田」のように表示されます。田中さんか田所さんか?またローマ字表記だと「Tarou .T」でこれでは表札からは殆ど判別できません。一戸建ては誤配が起きやすいので、表札表記があれば配達員は泣いて喜びます。

都市部だと今時は表札の無い家が多いので、その場合は建物の外観を詳しく書いて頂けると配達員は泣いて以下略です。

当然ですが、マンション、アパートの場合は建物名と部屋番号を必ず入力して下さい。部屋番号が無いと絶対に配達出来ないので配達員から連絡が入るでしょう。

ここまで、完璧に入力できていれば住所不備の問題は起こらないでしょう……と言いたいのですが、まだ問題があります。そう、バグの存在ですね。

よりによって一番重要な部屋番号が消えるバグが存在します。原因はマンション名が長すぎる時に見切れるとか、アップデートのたびにおかしくなるとか、色んな要因があるようですが特定は出来ないので直接的な対策もありません。何度も配達員から部屋番号の問い合わせが来る…という人はこのバグが発生している可能性があります。

クソアプリのせいで非常にご迷惑をお掛けしますが、お困りの方は「配達メモ」に部屋番号を記載して下さい。「配達メモ」は他にもマンション入り口の情報や目印などを記載する事によって配達時間を短縮できます。分かりにくいとマンション周辺で配達員がウロウロして毎回お届けが遅くなってるかもしれません。

ここまでやれば完璧です。極端な話、配達メモに正しい住所をコピペしておけば、配達メモごと消えるバグが発生しない限り(あり得ないとは言い切れないのがウーバークォリティ)何が起きても届くでしょう。新しいマンションなどでグーグルマップにまだ登録されていない住所の場合、うまく入力出来ない事があります。その場合も配達メモを活用して正しい住所とその旨のコメントを入力して下さい。

 


 

長くなって申し訳ないのですが話はまだあります。ピンずれが発生するのは住所検索結果の時だという話をしました。よくあるのは郵便番号「だけ」で検索してそのまま選択された場合です。この場合、配達員側のアプリでは「〒」マークだけが表示されピンずれ確定となります。しつこくて恐縮ですが住所は最後の〇号まで入力して下さい。


 

住所が最後まで入力されていないと、「住所に関する補足情報」という項目が出現します。どうしても正しく入力出来ない住所を除くと、これが出てる時点で検索からやり直す事をすすめます。

 

以上、「Uber Eats (ウーバーイーツ)の住所不備を救いたい」の記事でした。何で客がここまで気を遣って設定しなくちゃならんのだ、と言われれば全くその通りです。実際クソアプリのせいで住所が不備でも配達員は何とかかんとかして、泣きながら配達しています。この記事を読んだ心優しい読者の方が、設定を確認して頂ければ幸いであり管理人が泣いて喜びます。

 

 

※紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1500円以上の注文の場合に1000円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。もちろん「Eats パス」と併用可です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の必要経費「家内労働者等の必要経費の特例」で最低55万円まではいけそう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)は業務委託の形で働いているので経費はそんなに見れません。配達に使うバイクや自転車、維持修理費用、その他細々とした出費があるぐらいです。

しかし労働契約の形態が違うだけでほとんど同じような仕事をしているピザ屋やそば屋の出前は給与所得控除がある(なんならUber Eatsとほぼ同じ仕事の出前館も給与所得控除がある)訳で、それは不公平じゃないか、という事で、「家内労働者等の必要経費の特例」が適用できるんじゃないか、という話です。

これなら給与所得控除の最低額と同じ55万円(令和2年以降。それ以前の分は65万円)までは「概算経費」として実際に支出してなくてもいけるはずです。

青色申告特別控除と併用できるので、青色65万円+「家内労働者等の必要経費の特例」55万円+基礎控除48万円(令和2年以降)=168万円まではUberで稼いでも所得税は無税になるという事です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)関連のブログや動画を見ても、この事に触れているのを見た事が無いので、それなら自分で根拠から実際の手続きまで調べて書いておこうと思いました。

No.1810 家内労働者等の必要経費の特例(国税庁)

1 家内労働者等の必要経費の特例の概要
事業所得又は雑所得の金額は、総収入金額から実際にかかった必要経費を差し引いて計算することになっています。しかし、家内労働者等の場合には、必要経費として65万円まで(令和2年分以降は55万円。以下同じです。)認められる特例があります。

(注) 家内労働者等とは、家内労働法に規定する家内労働者や、外交員、集金人、電力量計の検針人のほか、特定の者に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人をいいます。

問題はUberの配達員が「家内労働者等」に当たるかどうかですが、「特定の者に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人」に該当するので問題ないようです。
税理士ドットコムにも同じ質問が上がってて税理士の回答もOKのようです。アフィリエイトが「家内労働者等」に当たるかどうかは解釈をめぐって見解が分かれるようですが、Uberの方はまだ分かりやすいように思えます。この記事では該当するとして話をすすめます。

確定申告時の実際の手続きは、添付書類が1枚増えるのと、何か所か補完記入するだけなようなので、割と簡単です。確定申告の経験がある人なら注意書きをよく読めば楽勝でしょう。

家内労働者の必要経費の特例の適用を受けるためには、どのような手続が必要ですか。(国税庁)

この特例の適用を受ける場合には、「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の必要経費の額の計算書」を確定申告書に添付する必要があるほか、作成コーナーで作成した青色申告決算書や収支内訳書、確定申告書への補完記入が必要になります

まず「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の必要経費の額の計算書(PDF/189KB)」をダウンロードして手書きで記入する必要があります。そうです、手書きです。まさかのe-Tax(イータックス)に対応してないので必ず手書きになります。55万円の経費というカネの為にはこのくらいでくじけてはいけません。

ウーバー専業で事業所得だけの人は分かりやすいのですが、給与所得や雑所得もある人はその組み合わせで計算が全部で4パターン程あります。詳しく説明するとそれだけで1記事になりそうなので、もう実際に計算書見て当てはまるものを記入していった方が話が早いです。

次に「補完記入」です。電子申告(イータックス)の場合と税務署に書類提出の場合とで入力方法が違うみたいなので、ここでは電子申告(イータックス)の方だけ書きます。何故かというと電子申告じゃないと青色申告特別控除が65万円から55万円に減らされるからです。いまどき電子申告でやりたくないとか言ってないで絶対にやるべきです。

1 所得税青色申告決算書の「所得金額」欄(番号は45)の左側の入力スペースに「(特)」と入力。
家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の「(特)」表示(国税庁)

2 「確定申告書B表第二表」の「特例適用条文等」に「措法27」

添付書類が手書きなので電子申告だけで手続きを完結できません。面倒ですが電子申告で送信した後に添付書類を税務署に送付しないといけません。

3 「申告書等送信票(兼送付書)」を印刷して添付書類と一緒に所轄の税務署に提出。
電子的に提出できない添付書類は、どのように提出することになるのですか。(国税庁)

平成31年からメッセージボックスの閲覧にマイナンバーカードが必須(という事はICカードリーダも)になってます。閲覧できないと印刷できないので、という事はID・パスワード方式で電子申告してこれらを用意していない人はここで詰むかもしれません。またハードルが上がったな……
メッセージボックスのセキュリティ強化について(国税庁)

以上、「自分はこうする予定」の「家内労働者等の必要経費の特例」適用の確定申告についての記事でした。間違っている所があったら教えて下さい。

紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1500円以上の注文の場合に1000円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活を始めた結果。いくら稼いだのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)、ぶっちゃけた話、いくら儲かるの?というのは気になるところですよね。

私の住んでいる街はまだUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに入っていないので、大阪市まで遠征した結果です。

稼働日数 18日
配達件数220件
売上 10万2664円
オンライン時間100時間

オンライン時間で単純に計算すると時給千円ぐらい、大阪市の最低賃金が2020年現在964円なので、何とか上回る程度でしょうか。

ただオンライン時間はウーバーのドライバーアプリでいつでも配達を受け付けますよ、という状態にしている時間の事です。実際は配達の無い待機時間もそれなりにあり、その時間を計算に含めないとすると時給はもう少し上がりそうです。

ウーバーイーツの紹介で時給2千円~3千円という景気の良い数字が並ぶ時は大抵この実働時間をシビアに計算しているはずです。待機時間も働いている時間のうちと考えるなら、長い目で見ると時給は1000~1500円ぐらいに落ち着くのではないでしょうか?私も新米配達員なのでこうとは言い切れないですが、市場原理から言ってもウーバー配達員だけが特に高給になる理由もなさそうです。

ピーク時間の配達に報酬が加算される仕組みや、一定期間の配達数や雨の日の配達などに応じたインセンティブがあるので、そういった時だけ稼働すれば時給は上がりますが、そういういわば見かけの数字だけ見て始めると失望するかもしれません。特に最初はなかなか厳しいかなと。

あと売上とは別に新規配達パートナーが130回の配達をこなすと貰えるボーナスが11000円、それと紹介制度で5000円貰いました。これ目当てにとりあえずやってみようといった所でしたね。

大阪市までの交通費と滞在費用、必要な装備やレンタル自転車代などの経費で5万円ぐらいかかってるので儲けとかは殆ど無いです。今後に向けての経験とネタになったので満足はしてますが。


紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1400円以上の注文の場合に1200円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活始めました

2020年1月から、料理宅配サービスUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)になりました。

配達員と言っても就職したとか採用面接を受けたとかはなく、やった事はパートナーセンターに出向いて手続きをして、配達員としてのアカウントを有効にしただけ。その場で配達バッグを受け取りすぐに配達が可能になります。

以前からUber Eats(ウーバーイーツ)はセミリタイア生活と相性の良いサービス、働き方だと思っていました。対象エリアも順次拡大しているので今回まずは登録した訳です。

セミリタイアとUber Eats(ウーバーイーツ)が相性の良い点として、

・雇用、被雇用の関係(雇用契約)が無い

せっかくセミリタイアして自由になっても、なんらかの理由でまたアルバイトや正規・非正規の労働者として働きだすと時間的にも人間関係的にも制約やしがらみが生まれます。これでは何をやってるのか分かりません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合はあくまで料理を提供するレストランと配達する人をUber社がマッチングするサービスなので、そういった縛りがありません。

これはUber社にとっては雇用に関するコストを一切削減できる為有利なシステムである反面、労働者としての配達員(雇用関係が無い事を強調する為Uber社は「配達パートナー」という呼称に拘っている)にとっては保険も補償も自前、経理も全部自分でやる(自営業者という建前だから当然)事になるので不利なシステムです。法律的にはグレーな部分もあるようです。

ただもともと環境は全部自分で用意していた、独立志向のセミリタイア者にとってはこのシステムはありがたい訳です。労働者としての手厚い権利や補償を求めていたら結局はセミリタイアではなくただの普通の社員になってしまいますからね。

・サービスエリアの拡大傾向

2020年1月時点で東京エリア 横浜・川崎エリア 千葉エリア 埼玉エリア 大阪エリア 京都エリア 神戸エリア 名古屋エリア 福岡エリア 広島エリア(2月中旬開始予定)がサービスエリアに入っています。

さらに2020年3月以降は岡山市、福山市、松山市、高松市、仙台市などの地方都市にもエリアが拡大されるようです。中程度の規模の都市でもサービスが始まる事を考えると、いずれ全国の都市でサービスの利用が可能になるでしょう。

これもセミリタイアには相性の良い点で、配達パートナーとしてアカウントを有効化しておけば、いつ全国どこの都市に移住しても、その日から収入を得る手段があるという事になるはずです。移住ではなく短期の滞在でもすぐその日から稼げますね。

・運動不足の解消

セミリタイアすると運動不足になりがち、これはもうどうしてもそうなります。運動が趣味の人でも、サラリーマン時代と比べるとやはり単純に全体的にカロリー消費、活動量が減っているはずです。それまで働いた上で余暇に運動していたはずですからね。というわけで、お金が貰えて運動もできるというのはモチベーションになります。Uber Eats(ウーバーイーツ)はオートバイでも配達できますが、運動という観点ではやはり自転車での配達の方に魅力があります。

・収入の調整が容易

セミリタイアですから基本的に自営業です。年度の後半、年末などに控除枠に余裕があるからもう少し稼ぎたい、あるいは税金や保険の関係でもうこれ以上稼ぎたくない、という時にUber Eats(ウーバーイーツ)の労働形態だと調整が容易です。ブログやアフィリエイトなどのネット収入は水物な所があるのでこうは行きません。ネット収入や不労所得と組み合わせると、セミリタイアの収入源としては理想的です。

他にもまだまだセミリタイアとの相性の良さはありそうですが、長くなりそうなのでとりあえずはこの辺りでいったん終わります。

紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1400円以上の注文の場合に1200円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。