カテゴリー:未分類
ホームPage 2 / 512345

朝日文左衛門は江戸時代の尾張藩の武士。異常に筆まめで元禄から享保にかけて26年間37冊、字数にして200万字も日記を書き続けた男です。

日記の内容は日常の身辺の事から当時の心中・盗難・殺人・姦通などの風聞を記録した雑多なもので、現代で言うと毎日更新の雑記ブロガー(非公開)みたいなものでしょうか。

とにかく記録魔であり特にゴシップが大好きで、何でも書き留めてあるので江戸時代を知る上で資料性が高いそうです(江戸時代の地震記録にもなってる)。

この日記のタイトルが「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」であり、中公新書から出ている解説書が神坂次郎著「元禄御畳奉行の日記」です。


なんと巨匠横山光輝による漫画化もされています。
この日記には生類憐みの令の取り締まりを尾張藩が実質サボタージュしていた件や、藩主周辺のゴシップ話の記録もあり、そのせいか尾張藩の書庫で戦後まで長らく眠っていたそうで……

そんなものなんですぐに処分されなかったのか、尾張徳川家というのは御三家筆頭の天下の大藩で、そのせいかのんびりした家風という印象を受けます。

この文左衛門が太平の世のとんでもなくダメな武士だという話ですが、実際江戸時代の武士というのは一種の公務員なのに仕事はなく、人数も多いので一人で出来る仕事を三人で担当している余剰人員、いわば遊民です。

そこそこの家格の家に生まれて跡を継げば一生ロクに仕事せずに遊んで暮らせるので、生まれついてのセミリタイア身分という訳です。

文左衛門は100石取りの家の跡取りに生まれてそこそこの家格であり、先祖代々の仕事は名古屋城の警備担当ですが何せ人数は余っているので出勤は月に三日しかありません。三日て。

現代でもそうですがこういうヒマ仕事は能力より人間関係の調整の方が大事です。という訳で初出勤の日の夜から大宴会。


 

画像下の方で三味線を弾くマネをしてるのが朝日文左衛門氏です。これで初出勤の当直中の夜です。警備担当なのに当時は日中酒を飲んでも特におとがめは無かったそうで呆れます。

こんな警備体制で問題は無かったのか、というとやはりあったようで、当の文左衛門の当直日の前日、天下の名古屋城の蔵に泥棒が侵入するという事件が起きます。

当日の当直員は後で侵入に気付いたものの責任を問われるのを恐れて「無かったこと」にしてしまい、そのまま文左衛門に引き継ぎ。後で大騒ぎになりこの前任者は切腹しましたが文左衛門にお咎めは無かったようです。文左衛門妙に運がいいですね。

「御畳(おたたみ)奉行」というのは文左衛門の代に新設された役職で、奉行としては一番下の役職ですが奉行は奉行なので手当てが付きます。100石は米100俵相当で御畳奉行の手当ては40俵というから4割の収入アップ。かなり生活に余裕があります。

牧歌的な職名ですが仕事の内容は畳表の買い付けや管理で、実務は部下に投げていればいいので、実質的な仕事はたまの公務出張で京都や大阪に出向いて商人の接待を受ける事です。ふざけるなと(笑)


 

文左衛門の趣味はゴシップ収集と日記の他は、若い頃はスポーツ感覚のヘタクソな武芸全般、飽きっぽいので何にでも手を出し、釣り、投げ網、芝居見物、作詩など多彩です。

酒好きの女好きで浮気癖?があり、それが原因で一度離縁、再婚後もやはり浮気が原因で家に居ずらくなりまた酒を飲むというループで、それがたたり40代で死亡。日記もそこで終わっています。

早死にですがそれもこれもセミリタイア生活がヒマすぎて退屈を持て余していたのが原因ではないでしょうか。はたから見ると結構な人生じゃないかと思えます。

以上、江戸時代のそこそこの武士に生まれれば無能でも労せずしてセミリタイア状態だったのにな、という記事でした。

副業ブームですが、税金面で損が無いからと言って、安易に開業すると会社を辞める時に失業保険が貰えなくなって困るかもしれません。


 

開業届を出して青色申告すると65万円あるいは10万円の特別控除が利用できるのでとりあえず何も考えずに開業届を出す……とこうなる恐れがあります。


 

余談ですが、この「女騎士、経理になる。」はおすすめです。

女騎士「くっ…殺せ!!」 オーク「ガハハ!! そうはいくか!!」 オーク「今日から貴様はウチの会社の経理のお姉さんだ!!」

という単なる出オチの漫画かと思えば、読んでいくと経理の基本的な知識が学べる仕組みになっています。


失業保険を受給する条件のひとつに、「失業の状態にあり、ハローワークに求職の申し込みをすること」というものがあります。働く意思と能力がありながら失業の状態にある、という事を証明するためにハローワークで求職の申し込みをする訳です。開業届を出していると会社を辞めても失業者ではなく自分の意思で事業を行う個人事業主であるというこになります。よって失業保険はもらえなくなります。

厳密に言うと開業届の提出の有無や実際の収入に関係なく、開業の意思があり準備を始めている時点で受給資格が無くなります。ただ実際には開業届の提出やハローワークの職員に開業の意思がある事を伝えた時点で判定しているようです。判定するのはハローワークなので。

※ただし2014年に厚生労働省から「求職活動中に創業の準備・検討をする場合」を失業手当の給付対象にするとの通達も出ています

※外部参考リンク:起業準備中も失業手当(法律事務所ホームワン)

逆に言えば開業の意思や事実さえなければ、他の収入があっても失業者の判定になります。配当金、家賃収入などで生活できていても条件を満たせば失業状態の扱いになるので、失業保険は問題なく受給できます。開業して事業としてこれらの投資を行っていればダメという訳です。

ちなみに失業保険を不正に受給してバレた場合、不正に受給した基本手当等の全額の返還とその2倍の金額の返還が命じられ、「3倍返し」となります。恐ろしいので絶対にやめましょう。

あまり知られていませんが、失業手当を受給中の人が再就職したり事業を開始した場合には実質的なお祝い金として「再就職手当」が支給されます。ダラダラと就職活動されても困るのでちゃんと早く再就職した場合のインセンティブは用意されてる訳です。

外部リンク:再就職手当のご案内(PDF)

だから会社を辞めて個人事業と不労所得を組み合わせてセミリタイアを考えている人は、税制だけでなく社会保険制度もよく考慮して開業届を出す時期を決めましょう、という話でした。ただ実際に動き始めてみないと分からない事も多いですよね。

個人事業主の引っ越し費用は経費になるものもある

個人事業主の引っ越し費用のうち経費になるものと、仕訳のメモ。(私はこうした、というメモなので必ずしも正しいとは限りません)

住居を自宅兼事務所にしている場合は引っ越し費用のうち経費になるものがあります。

・敷金

敷金は退去時に戻ってくるのが前提なのでその時点では経費になりません。私の使ってるマネーフォワードだと勘定科目「保証金・敷金」がある(無ければ作る)ので、資産として計上しておきます。(以下の説明は同様にマネーフォワードの場合)


 

退去時に戻ってこなかった部分は「修繕費」で経費にできます。

仕訳例

借方金額貸方金額
敷金  100,000事業主借100,000
後は資産計上しておきます。

・礼金

20万円未満なら「地代家賃」として経費にできます。以上なら資産として処理して賃貸する期間か5年間で減価償却。勘定科目は「長期前払費用」。今回は礼金なしの物件だったので関係ありませんでした。

・不動産屋への仲介手数料

もちろん経費になります。勘定科目は「支払手数料」か「雑費」で。関係ありませんが賃貸住宅を借りる時は普通は不動産屋への仲介手数料がかかりますがUR賃貸だと無料です。審査も融通が利くので、UR賃貸は収入証明がしにくいセミリタイア者には優しいと言えます。

仕訳例
借方金額貸方金額
雑費  50,000事業主借50,000

・引っ越し業者への支払い

これも経費に。「雑費」で処理します。

・火災保険料

忘れがちですがこれも経費処理します。勘定科目は「損害保険料」。以後毎年。

関連記事:賃貸の火災保険を検討。保険会社の火災保険はオーバースペックなので県民共済の新型火災共済がおすすめ。

 

以上ですが、引っ越し後の家賃や共益費などと同様にこれらを家事按分するのを忘れないようにしましょう。

なお、セミリタイアと同時に転居する人も多いと思いますが、その場合は退職前に開業して個人事業主になっていれば転居費用を経費に出来ます。ただし退職しても失業者ではなく個人事業主の扱いになるので失業保険が貰えなくなります。このあたりは次の記事にします。

  • 未分類
日本人が外国人を騙って自分の意見を言う手法のルーツ


外国人の名を騙って日本人が自分の意見を言う手法(説得力が増す?)のルーツは、1970年のイザヤ・ベンダサン(山本七平)だと言われています。

イザヤ・ベンダサン以前にもこうした手法はあったようですが、「日本人とユダヤ人(イザヤ・ベンダサン著)」が300万部超も売れたので、その知名度から元祖と言っていいでしょう。

イザヤ・ベンダサンは神戸生まれのユダヤ人という「設定」で、ユダヤ人に関する知識や文法の怪しさなどから、一部の識者からはバレバレだったようですが、一般大衆にそんな事は分からないのでバカ売れしたようです。

Amazonの書評を見ると今だに信じている人もいるようです。


また「日本刀は数人斬ると使い物にならなくなる」というデマに近いことを吹聴したのもイザヤ・ベンダサン(山本七平の持論だったらしい)と言われています。これも現在でも信じてる人がいるので凄い影響力です。

もう少し時代が下ると、在日フランス人で日本で経験を積んだビジネスマンという「設定」のポール・ボネという人が出てきます。これが1980年代から1990年代にかけての話なので、憶えている人もいるでしょう。


私も子供の頃に読んだ記憶があって、今もそうですが当時から純粋な子供だったので当然信じてしまいました。

こういう歴史があるので、今では「外国人がこう言った」と聞いても素直に信じない人が増えています。本当に外国人の発言でも「日本人が外国人の名前を騙っているのでは?もしくはマスコミの仕込みでは?」と疑う訳です。

現代のSNSでも冒頭に引用したツイートのように皮肉られる有様です(これはよく出来た煽りだと思いますが)

マスコミも悪いですが、もとはと言えば日本人が外国人の発言に弱すぎるのが原因かなあ?と思います。特に文化比較論が大好きなので、外国人の名前を騙る手法はおそらく今後もすたれる事はないでしょう。

ホームPage 2 / 512345