Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活を始めた結果。いくら稼いだのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)、ぶっちゃけた話、いくら儲かるの?というのは気になるところですよね。

私の住んでいる街はまだUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに入っていないので、大阪市まで遠征した結果です。

稼働日数 18日
配達件数220件
売上 10万2664円
オンライン時間100時間

オンライン時間で単純に計算すると時給千円ぐらい、大阪市の最低賃金が2020年現在964円なので、何とか上回る程度でしょうか。

ただオンライン時間はウーバーのドライバーアプリでいつでも配達を受け付けますよ、という状態にしている時間の事です。実際は配達の無い待機時間もそれなりにあり、その時間を計算に含めないとすると時給はもう少し上がりそうです。

ウーバーイーツの紹介で時給2千円~3千円という景気の良い数字が並ぶ時は大抵この実働時間をシビアに計算しているはずです。待機時間も働いている時間のうちと考えるなら、長い目で見ると時給は1000~1500円ぐらいに落ち着くのではないでしょうか?私も新米配達員なのでこうとは言い切れないですが、市場原理から言ってもウーバー配達員だけが特に高給になる理由もなさそうです。

ピーク時間の配達に報酬が加算される仕組みや、一定期間の配達数や雨の日の配達などに応じたインセンティブがあるので、そういった時だけ稼働すれば時給は上がりますが、そういういわば見かけの数字だけ見て始めると失望するかもしれません。特に最初はなかなか厳しいかなと。

あと売上とは別に新規配達パートナーが130回の配達をこなすと貰えるボーナスが11000円、それと紹介制度で5000円貰いました。これ目当てにとりあえずやってみようといった所でしたね。

大阪市までの交通費と滞在費用、必要な装備やレンタル自転車代などの経費で5万円ぐらいかかってるので儲けとかは殆ど無いです。今後に向けての経験とネタになったので満足はしてますが。


紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。3回目までの注文がそれぞれ750円割引になります(同時に紹介者、つまり私も1000円割引になります)。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。