Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活始めました

2020年1月から、料理宅配サービスUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)になりました。

配達員と言っても就職したとか採用面接を受けたとかはなく、やった事はパートナーセンターに出向いて手続きをして、配達員としてのアカウントを有効にしただけ。その場で配達バッグを受け取りすぐに配達が可能になります。

以前からUber Eats(ウーバーイーツ)はセミリタイア生活と相性の良いサービス、働き方だと思っていました。対象エリアも順次拡大しているので今回まずは登録した訳です。

セミリタイアとUber Eats(ウーバーイーツ)が相性の良い点として、

・雇用、被雇用の関係(雇用契約)が無い

せっかくセミリタイアして自由になっても、なんらかの理由でまたアルバイトや正規・非正規の労働者として働きだすと時間的にも人間関係的にも制約やしがらみが生まれます。これでは何をやってるのか分かりません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合はあくまで料理を提供するレストランと配達する人をUber社がマッチングするサービスなので、そういった縛りがありません。

これはUber社にとっては雇用に関するコストを一切削減できる為有利なシステムである反面、労働者としての配達員(雇用関係が無い事を強調する為Uber社は「配達パートナー」という呼称に拘っている)にとっては保険も補償も自前、経理も全部自分でやる(自営業者という建前だから当然)事になるので不利なシステムです。法律的にはグレーな部分もあるようです。

ただもともと環境は全部自分で用意していた、独立志向のセミリタイア者にとってはこのシステムはありがたい訳です。労働者としての手厚い権利や補償を求めていたら結局はセミリタイアではなくただの普通の社員になってしまいますからね。

・サービスエリアの拡大傾向

2020年1月時点で東京エリア 横浜・川崎エリア 千葉エリア 埼玉エリア 大阪エリア 京都エリア 神戸エリア 名古屋エリア 福岡エリア 広島エリア(2月中旬開始予定)がサービスエリアに入っています。

さらに2020年3月以降は岡山市、福山市、松山市、高松市、仙台市などの地方都市にもエリアが拡大されるようです。中程度の規模の都市でもサービスが始まる事を考えると、いずれ全国の都市でサービスの利用が可能になるでしょう。

これもセミリタイアには相性の良い点で、配達パートナーとしてアカウントを有効化しておけば、いつ全国どこの都市に移住しても、その日から収入を得る手段があるという事になるはずです。移住ではなく短期の滞在でもすぐその日から稼げますね。

・運動不足の解消

セミリタイアすると運動不足になりがち、これはもうどうしてもそうなります。運動が趣味の人でも、サラリーマン時代と比べるとやはり単純に全体的にカロリー消費、活動量が減っているはずです。それまで働いた上で余暇に運動していたはずですからね。というわけで、お金が貰えて運動もできるというのはモチベーションになります。Uber Eats(ウーバーイーツ)はオートバイでも配達できますが、運動という観点ではやはり自転車での配達の方に魅力があります。

・収入の調整が容易

セミリタイアですから基本的に自営業です。年度の後半、年末などに控除枠に余裕があるからもう少し稼ぎたい、あるいは税金や保険の関係でもうこれ以上稼ぎたくない、という時にUber Eats(ウーバーイーツ)の労働形態だと調整が容易です。ブログやアフィリエイトなどのネット収入は水物な所があるのでこうは行きません。ネット収入や不労所得と組み合わせると、セミリタイアの収入源としては理想的です。

他にもまだまだセミリタイアとの相性の良さはありそうですが、長くなりそうなのでとりあえずはこの辺りでいったん終わります。

紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1400円以上の注文の場合に1200円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。