ピープル (7865)

乳幼児向け知育玩具の企画開発をしている会社。
乳幼児玩具メーカー・ピープル

配当性向100%、無借金。

ジャスダック上場で、時価総額30億円以下の超小型株、期末一括配当(しかも1月決算)、少子化で縮小が見込まれる業界と不人気の要件を満たしている。
以前は500株単位でさらに不人気に拍車をかけていた。

そのため割安で買えるチャンスはある。

普通の配当株は利回りが自分で設定した基準を超えたら買いを検討するのだが、ココの場合はちょっと注意が必要。
配当が業績に100%連動するので、増配で利回りが急上昇した時に買いを入れるとそこが天井になる場合が多い。

過去の実績だと配当半額も普通にあるので、減配後にそこそこの配当利回りになったときに買うと良いか。
配当利回りの高い時に思い切って利益確定し、配当利回りが低い時に買うのが吉という配当株としては珍しい銘柄。

IRが充実していて好感の持てる小さな企業。

この記事の続きを読む

現在の配当金生活のポートフォリオ

ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
サーラ住宅(1405)
桧家HD(1413)
上場インデックスF世界株式(MSCI ACWI)(1554)
上場インデックスファンド豪州リート(1555)
(NEXT FUNDS)タイ株式指数連動型上場投信(1559)
(NEXT FUNDS)マレーシアKLCI連動型上場投信(1560)
上場インデックスファンド新興国債券(1566)
is米国高配当ETF(モーニングスター配当フォーカス)(1589)
is米国リート・不動産ETF(ダウ・ジョーンズ米国不動産)(1590)
ダイワ 上場投信-東証銀行業株価指数(1612)
上場インデックスファンド海外債券毎月分配(1677)
日本電技(1723)
TTK(1935)
NDS(1956)
トラスト・T(2154)
エスクリ(2196)
エプコ(2311)
システナ(2317)
日本上下水道設計(2325)
プラネット(2391)
ゲンダイ(2411)
ジェイコムホールディングス(2462)
ハードオフコーポレーション(2674)
ゲオHD(2681)
グンゼ(3002)
アプライド(3020)
三洋貿易(3176)
ありがとうS(3177)
日本管理C(3276)
ケネディクス・レジデンシャル投資法人(3278)
アズマハウス(3293)
ブックオフコーポレーション(3313)
ソトー(3571)
ミタチ産業(3321)
フジックス(3600)
ペパボ(3633)
プロシップ(3763)
ビーエスピー(3800)
朝日ネット(3834)
光ビジネスフォーム(3948)
日本システム技術(4323)
日本エス・エイチ・エル(4327)
東邦システムサイエンス(4333)
アルプス技(4641)
日本空調サービス(4658)
エイジス(4659)
クリップコーポレーション(4705)
ID(4709)
早稲田アカデミー(4718)
シーエーシー(4725)
アイティフォー(4743)
XNET(4762)
日本高純度化学(4973)
日本精蝋(5010)
東燃ゼネラル石油(5012)
ビーピー・カストロール(5015)
クリエートメディック(5187)
アサヒホールディングス(5857)
こころネット(6060)
藤商事(6257)
ナビタス(6276)
新興プランテック(6379)
OSGコーポ(6757)
スミダコーポレーション(6817)
ケル(6919)
島根銀行(7150)
SPK(7466)
アイナボHD(7539)
ハークスレイ(7561)
日本ライフL(7575)
タカショー(7590)
アルゴグラフィックス(7595)
マックハウス(7603)
エスケイジャパン(7608)
京都きもの友禅(7615)
田中商事(7619)
キヤノン(7751)
共立印刷(7838)
東京リスマ(7861)
ピープル(7865)
ユアサ・フナショク(8006)
兼松エレクトロニクス(8096)
中央自動車工業(8117)
三栄コーポレーション(8119)
ナガホリ(8139)
大塚家具(8186)
ダイエー(8263)
あおぞら銀行(8304)
丸三証券(8613)
いちよし証券(8624)
松井証券(8628)
マネックスグループ(8698)
極東証券(8706)
日住サービス(8854)
フジ住宅(8860)
リベレステ(8887)
センチュリー21・ジャパン(8898)
和田興産(8931)
ハウスフリーダム(8996)
アルプス物流(9055)
タカセ(9087)
コネクシオ
沖縄セルラー電話(9436)
NTTドコモ(9437)
フォーバルテレコム(9445)
GMOインターネット(9449)
三協フロンテア(9639)
ウィザス(9696)
ジャステック(9717)
船井総合研究所(9757)
学究社(9769)
日本電計(9908)
ミロク情報サービス(9928)
因幡電機産業(9934)
マルコ(9980)
蔵王産業(9986)

この記事の続きを読む

【エクセル】個別株の管理(配当利回りの把握)

銘柄数が多いと管理が大変になる。

専業投資家でもなければ管理しきれるものではない。

だから、購入時にしっかりと調査して、あとは配当利回りをチェックするのみに留めている。

エクセルで一覧表を作り、配当利回りを自動で計算できるようにする。

毎日の株価と1株配当の更新は、楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)を利用する。

rimawari_convert_20170301120343.png



(2017年3月4日追記)

問い合わせがあったので、私が現在使っている配当利回りを自動計算するエクセルシートを紹介します。


kabuka_convert_20170304112737.png

株価の「現在値」、「一株配当」を自動取得して配当利回りを計算します。ついでに「権利落ち日」も自動取得できます。

マーケットスピードを利用する為に楽天証券の口座が必要です。

黄色のセルの部分は手入力して、後は計算式を入れます。配当利回りが3%を割ったら条件式でセルの色が変わるようにしています。必要最小限のシンプルなもの。

E2=RSS|’1723.T’!現在値
F2=C2*E2
G2=RSS|’1723.T’!配当
H2=C2*G2
I2=G2/D2
J2=H2/F2
K2=H2*0.79685
L2=RSS|’1723.T’!配当落日

参考:マーケットスピードオンラインヘルプ

関連記事:【エクセル】楽天RSSを使って株価、一株配当、配当落ち日を自動取得するやり方【Excel】



この記事の続きを読む