kindle Unlimited キャンペーンの自己研究

kindle Unlimited キャンペーンの自己研究

「kindle Unlimited」はAmazonの定額制電子書籍読み放題サービスです。

月額980円と類似のサービスと比べて少々お高めなのですが、年中キャンペーンをやってる(印象がある)ので、上手くキャンペーンを乗り継げば少額で利用する事ができます。

外部リンク:Kindle Unlimitedキャンペーンページ

キャンペーンの時期や価格、適用条件など実際どういう傾向があるんだろう?と思って2019年の動向を調べたのが以下の表です。



Amazonプライム会員ならば条件なし期間を合わせると、印象通り一年中キャンペーンを行っている事が分かります。

キャンペーンは基本的に新規登録者が対象ですが、一度登録して解約してもしばらくすると何故か新規登録者扱いでキャンペーンが表示される事があります。わざとやってるのか、Amazonユーザーには有名な現象なのでこれをあてにしてる人もいますね。

また表中の通常のキャンペーンとは別に、2019年の中頃から唐突に再登録者限定のキャンペーンというものも始まっているので、何が新規で何が再登録なのか分かりにくくなっています。取り合えずキャンペーンページにアクセスして表示されたら対象者です、という説明になります。

キャンペーン価格については、2か月無料も目を引きますが、一番お得なのは3か月99円でしょう。

3か月99円の大判振る舞いがあったのは6~7月期と11~12月期。そう、AmazonのビッグセールであるAmazonプライムデーとAmazonサイバーマンデーの時期です。この時期は要チェックです。

「キャンペーンの仕様や時期は分かった、でも新規でも再登録でもないからキャンペーン資格が無いんだよ」という人には裏技的な方法もあります。それはAmazonアカウントを複数作る事です。

同じ住所氏名でもメールアドレスを変えれば2個目以降のアカウントを作る事ができます。現状Amazonの規約では複数アカウントの所持は問題ありません(ただし購入アカウントのみ。出品アカウントは駄目)。

問題も多少あります。アカウントはメールアドレスだけあれば作れますがkindle Unlimitedはクレジットカード払いなので、2枚目以降のクレジットカードが必要になります。

またひとつのkindleデバイスにはひとつのアカウントしか登録する事が出来ません。ひとつのkindleデバイスで複数のアカウントを切り替えて使おうとすればその度にダウンロードした電子書籍が消えるので再ダウンロードの手間がかかります。

裏技的な方法は自己責任でお願いしますね。

以上、「kindle Unlimited キャンペーンの自己研究」の記事でした。

上場株式の譲渡損失の繰越手続きを忘れた人の末路

上場株式の譲渡損失の繰越手続きを忘れた人の末路

上場株式の譲渡損失は確定申告する事により3年間繰り越す事ができます。

例えば、源泉徴収あり特定口座(殆どの人がこれ)で、

2017年 損失100万円 
2018年 利益50万円
2019年 利益50万円

のケースで考えてみます。

この場合、所得税に関して最善の行動は、

2017年 損失100万円を確定申告、損失100万円を繰越
2018年 利益50万円を確定申告、損失50万円を繰越
2019年 利益50万円を確定申告

となり、このケースだと所得税が全額還付され無税になります。


しかし2018年で確定申告しなかった(繰越控除の存在を忘れていた)場合は、2019年に損失が繰り越されないので、2019年に確定申告しても払い過ぎた税金は還ってきません。

ただし、単に確定申告を忘れていただけなら、期限後申告という事で2018年分の確定申告をして、その後2019年の確定申告をすれば良いので問題ありません。


問題なのは、2018年に確定申告をしていて、損失の繰越しの手続きをしなかった場合です。

上場株式の譲渡損失の繰越控除は申告書の連続した提出が要件なので、この場合は確定申告をやり直す必要があるのですが、申告期限が切れた後(更生の請求)だと、源泉徴収あり特定口座の場合これが認められないのです。

なぜかというと、源泉あり特定口座で確定申告して損失の報告をしないと、申告不要を選択したという意思表示になってしまい、そこで話が終わってしまっているからです。本人は単に忘れたと思っているのに主張した事になってしまっているんですね。

こういう事が起こるのは給与所得や事業所得があって何かしら確定申告する必要があるけど、株式に関しては(源泉徴収口座だから)忘れていたという場合です。

取り返しがつかないので、毎年確定申告するという人でマイナスが残っている人は損失繰越の手続きだけは絶対に忘れないようにしましょう……


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活を始めた結果。いくら稼いだのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員生活を始めた結果。いくら稼いだのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)、ぶっちゃけた話、いくら儲かるの?というのは気になるところですよね。

私の住んでいる街はまだUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに入っていないので、大阪市まで遠征した結果です。

稼働日数 18日
配達件数220件
売上 10万2664円
オンライン時間100時間

オンライン時間で単純に計算すると時給千円ぐらい、大阪市の最低賃金が2020年現在964円なので、何とか上回る程度でしょうか。

ただオンライン時間はウーバーのドライバーアプリでいつでも配達を受け付けますよ、という状態にしている時間の事です。実際は配達の無い待機時間もそれなりにあり、その時間を計算に含めないとすると時給はもう少し上がりそうです。

ウーバーイーツの紹介で時給2千円~3千円という景気の良い数字が並ぶ時は大抵この実働時間をシビアに計算しているはずです。待機時間も働いている時間のうちと考えるなら、長い目で見ると時給は1000~1500円ぐらいに落ち着くのではないでしょうか?私も新米配達員なのでこうとは言い切れないですが、市場原理から言ってもウーバー配達員だけが特に高給になる理由もなさそうです。

ピーク時間の配達に報酬が加算される仕組みや、一定期間の配達数や雨の日の配達などに応じたインセンティブがあるので、そういった時だけ稼働すれば時給は上がりますが、そういういわば見かけの数字だけ見て始めると失望するかもしれません。特に最初はなかなか厳しいかなと。

あと売上とは別に新規配達パートナーが130回の配達をこなすと貰えるボーナスが11000円、それと紹介制度で5000円貰いました。これ目当てにとりあえずやってみようといった所でしたね。

大阪市までの交通費と滞在費用、必要な装備やレンタル自転車代などの経費で5万円ぐらいかかってるので儲けとかは殆ど無いです。今後に向けての経験とネタになったので満足はしてますが。


紹介コード:eats-ga1rtb ← 初めてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する時に紹介コードを適用すると割引があります。1400円以上の注文の場合に1200円割引になります。iPhoneまたはandroidでアプリをインストール後、アカウント(右下の人物アイコン)から「プロモーション」を選択、「プロモーションコードを追加」でクーポンが有効になります。