Amazonビジネスのアカウントを登録。個人事業主でも法人向けモデルが買える!

Amazonビジネスのアカウントを作成しました。

AmazonビジネスはおなじみのAmazonサイトを法人・個人事業主向けにしたサイトです。

メリットとしては法人価格が適用される事があります。ものによっては1個から一般向けより安く買えます。数量で割引もあります。

一般向けには販売されていない法人向けモデルを、個人事業主として買うこともできます。

Amazonビジネスのみのセールもあります。


デメリットが何か無いか調べてみましたが、今まで使っていたアカウントをそのままビジネスアカウントに切り替えたりしない限り、特にデメリットは無いようです。登録無料だし。

ビジネスアカウントではAmazonプライムが使えない(Amazonビジネスプライムという有料プランはあります)から、よほどの理由が無い限り別のメールアドレスを使って新しいアカウントを作って切り替えながら使った方がいいでしょう。

青色申告している個人事業主ならAmazonビジネスアカウントを作っておいて損は無いです。


個人事業主がAmazonビジネスのアカウントを作るには、最低限開業届出書を出している事が条件になります。というのも個人事業主である事を証明する為に書類提出が必要になるからです。

提出書類(PDFかJPEG形式のファイル)として有効なのは以下の通りです。いずれか1点を提出する必要があります。

開業届出書: 写し 1部
直近の所得税青色申告決算書 : 写し 1部
直近の青色申告承認申請書 : 写し 1部

重要なのは税務署の押印が無いものは無効だという事です。e-Tax(電子申告)の場合は押印が無いので、受信通知も必要になります。

参考記事:電子申告(e-Tax)の場合は申告書の控えに税務署の受付印が無いけどどうする?

注意事項に事業収入などの秘匿情報(マイナンバーも隠す)は隠してかまいません、とあるので、審査と言っても本当に存在を確認するだけのものようです。おそらく開業届を出したばかりの人でも通るでしょう。

審査と言えば入力画面で、「固定電話番号【必須】」という欄があって、050番号しか持っていない私は詰んだかな?と思いましたが050番号でも通りました。

審査に2~3営業日かかるということですが、私の場合は1日でアカウントが有効になりました。


Amazonビジネスのアカウントでは法人割引で安く買えるだけでなく、一般向けに販売されていない法人モデルを個人事業主でも買う事ができます。

Microsoftの「Surface Go」が2018年の夏に発売された時は、一般向け日本モデルは買い切り版のOfficeが付属した割高なモデルしか無いのが問題になりました。

法人向けモデルはOfficeなし(しかもOSがWindows 10 Pro)で割安なので、法人モデルを個人事業主として購入するTipsが話題になった程です。

外部リンク:歴史は繰り返す? 法人向け「Surface」を個人事業主として購入するTipsが注目の的

Amazonビジネスのアカウントを持っていれば今後はこの問題に悩む事もありません。

まあMicrosoftが他の企業もやってるように一般向けにも法人モデルを直販すれば良いだけの話なんですが……

早速ポチりました。

もともとAmazonのアカウントを事業用とプライベート用で分けたいと思っていたので、Amazonビジネスのサービスには満足しています。これから使い込んでいきたい所です。



この記事の続きを読む

電子申告(e-Tax)の場合は申告書の控えに税務署の受付印が無いけどどうする?

税務署の受付印を押した申告書の控えを求められる場面があったので、調べた事をメモ代わりに。

電子申告の場合は、書面で提出した場合のように申告書等の控えはありませんが、申告等データの送信後にメッセージボックスに格納される「受信通知」により、申告等データが税務署に到達したこと等を確認することができます。

書面で提出した場合には申告書等の控えに収受日付印がありますが、電子申告の場合どうなりますか。(国税庁)

税務署の受付印の正式名称は「収受日付印」というらしいです。

受信通知は国税庁確定申告書等作成コーナーにアクセスして、メッセージボックスを確認することで見る事ができます。

この時、ID・パスワード方式で利用者識別番号と暗証番号の通知を受けていればメッセージボックスを見る事自体はできますが、肝心の受領通知の画面は電子証明ができないと見る事ができません。

だから結局はマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要になります。これ落とし穴ですね。

申告書の控えが必要な場面は、融資を受ける場合、保育園の入園、奨学金の申請など。

最近の例だとAmazonのビジネスアカウントの申請にも必要(個人事業主の場合)でした。


そして申告書の控えには税務署の収受日受付印が必要。電子申告(e-Tax)の場合は受領通知を出力したものが必要という訳です。

紙の書類が必要なら受領通知の画面をプリントアウトすれば良いし、PDFファイルで必要なら仮想プリンタでPDFファイル形式で出力すれば良いです。

それを申告書を出力したものとあわせて提出すればOK。

この記事の続きを読む

移住に備えて不用品の処分を開始

数年間ほっぽらかしていた移住計画を実行に移そうと思って、部屋の不用品の処分を始めています。

不用品は基本的にリサイクルショップに持ち込んで処分します。

ヤフオクやメルカリで売るのが一番高く売れるのは間違いないですが、手間もかかるし必ず売れるとは限りません。

そうすると結局リサイクルショップに持ち込むかゴミに出す事になります。

ゴミに出すにしても家電四品目はかなりのお金をとられますし、そもそも自治体によっては回収していないものもあります。

大型の家具や家電もあるので、クルマを所有していない身としてはリサイクルショップに出張買取に来てもらって、まとめて処分してもらいたいところです。


しかし時はまさに3~4月の繁忙期に差し掛かり、リサイクルショップの出張買取もスケジュールがぎっしり詰まってるいるそうで、とても来てもらえません。

中古業者だけでなく引っ越し業界も人手不足と車両不足でこんな状況になってます。なんてこったい。

なんとか小物や中型までの不用品はリサイクルショップで処分出来たのですが、大型の家具や家電は人手もクルマも無ければどうしようも無い状況。


こうした状況で救世主になるのが、公共サービスや民間業者ではない、市井の民間人のトライバーと私有車両の活用です。

飲食店の料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の引っ越し版のPickGOというサービスがあるそうです。

市民ドライバーが単身者のひっこし便を請け負うシステム。


不用品処分では、ジモティ―を使えばいいんじゃないかと思って、今回初めて利用してみました。

ジモティ―は無料の広告掲示板で、ヤフオクやメルカリのように出品も出来ます。

オークションサイトと違うのは対面取引がメインで、不用品をタダで「あげます」という目的で使っている人も多い所です。


大型の不用品を0円で出品して、タダであげるからそのかわり軽トラなどの車両で直接引き取りに来てくれ、という感じでアップロードしました。

それなりに商品を魅力的に見せる記事の書き方は、ブログ運営を通じて実践的に学んでいます。

そしたら投稿からものの1分でレスポンスがあり、交渉が成立しました。この週末に取りに来てくれるそうです。

これぞ市井の余剰車両とドライバーの活用方法ではないでしょうか。

知らない人と直接会うのはちょっと怖い所もありますが、そこは文章の感じややり取りを通じて推し量るしかありません。まあ大丈夫でしょう。

この記事の続きを読む