賃貸の火災保険を検討。保険会社の火災保険はオーバースペックなので県民共済の新型火災共済がおすすめ。

移住に際して賃貸住宅の火災保険を検討しています。

賃貸住宅を契約する時はたいてい不動産屋が指定する火災保険に入る事をすすめられます。その場合、賃貸契約書に火災保険の加入義務について書いてあるはずのでチェックしましょう。

例文をあげるとこんな感じです→「乙は、本契約の継続期間中、甲の指定する条件を満たす火災保険に加入するものとする」

このまま不動産屋の言いなりになっていると割高でオーバースペックな、はっきり言って不要な保険に入らされるので、あらかじめ火災保険については検討して決めておいた方がいいです。

この契約書の文言だと条件を満たしていれば、どの火災保険でも良いわけです。もし保険の銘柄まで指定されているようなら、契約書に押印するのはやめて契約書の文言自体を修正してもらえばいいでしょう。

私が入居しているアパートで最初に薦められた保険は大手保険会社の賃貸住宅総合保険で、スペック的には以下のようなものです。

家財保険 290万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 1500万円
保険料(1年) 9000円(クレカ払い可)

1月あたりの保険料だと1000円以下だし、クレカ払いも出来るし、引っ越しの時は他にする事が一杯あるのでもうこれでいいやと思うかもしれません。

しかし賃貸住宅に住む人の多くは大して高額な家財は持っていないはずなので、家財保険は不要と言えます。自分の火の不始末だけでなく、隣家が火災を起こした時の損害も補償されるので入っておくべきという人もいますが、そもそも大した家財が無いのなら不要でしょう。

地震保険についてはこの保険は総合保険だから入っていると思ったのですが貰ったパンフレットを見てみると入って無かった。まあこれも同じ理由で不要です。

必要なのは借家賠償、正式には「借家人賠償責任保険」です。これは大家への損害賠償が発生した時に支払われる保険です。500万円~2000万円ぐらいの設定が多いです。自室が燃えたり隣室へ被害が拡大したりした場合の事を考えるとこれだけは必要だし大家の立場からすると入ってもらいたい保険なので、契約書にも加入を義務づける旨が書いてあったりするわけです。

kasai.png
これをふまえて契約内容を見直し不要な保険をカットするとどれぐらいの節約になるか。

日新海上火災の火災保険だと最小限の構成で保険料4000円です。

家財保険 100万円
地震保険 なし
個人賠償 1億円
借家賠償 2000万円
保険料(1年) 4000円

これなら十分安いと思いますが、あえて不満点を挙げるとすると、家財保険や借家賠償をこれ以上下げられない事でしょうか。

借家人賠償責任保険は家財保険に付帯する保険という扱いなので、家財保険をゼロにする事はできないようです。

そこで家財保険を可能な限り下げる事を考えると、県民共済の「新型火災共済」が視野に入ってきます。

新型火災共済の最低限のプランだと次のようになります。

家財保険 10万円
地震保険 なし(別に地震共済に加入できる)
個人賠償 なし(別に加入できる)
借家賠償 1000万円(500万円のプランもある)
保険料(1年) 2048円

一気に半額まで下がりました。個人賠償責任保険は別に入ればよく、自動車保険の付帯などで既に加入している人は重複して入ると無駄になります。こういう最小構成に出来るのが共済の良い所です。(県によっては家財保険を10万円まで下げられない所があるかも)

共済にも個人賠償責任保険はあって年払いで1680円、月あたり140円なので最安クラスです。個人賠償責任保険に入ってない人は火災共済と同時に加入しておけばいいでしょう。

個人賠償の限度額が3億円になっているので安くて高スペックで文句の無い所です。

そうすると合計で3728円になり、わずかですが日新火災より安くなります。(ただし最初は共済の出資金200円が必要。共済を脱退する時は返ってきます)

さらに共済の場合は非営利団体なので、割り戻し金があります。毎年3月の決算で剰余金が生じたときに加入者に戻すお金で、割り戻し率は全国平均で3割程あります。確実にあてに出来るお金ではありませんが、割戻金の存在を考えると実質最安の保険は火災共済でしょう。賃貸住宅住みの場合はこれで十分なはずです。

Amazonビジネスのアカウントを登録。個人事業主でも法人向けモデルが買える!

  • Amazon

Amazonビジネスのアカウントを作成しました。

AmazonビジネスはおなじみのAmazonサイトを法人・個人事業主向けにしたサイトです。

メリットとしては法人価格が適用される事があります。ものによっては1個から一般向けより安く買えます。数量で割引もあります。

一般向けには販売されていない法人向けモデルを、個人事業主として買うこともできます。

Amazonビジネスのみのセールもあります。

デメリットが何か無いか調べてみましたが、今まで使っていたアカウントをそのままビジネスアカウントに切り替えたりしない限り、特にデメリットは無いようです。登録無料だし。

ビジネスアカウントではAmazonプライムが使えない(Amazonビジネスプライムという有料プランはあります)から、よほどの理由が無い限り別のメールアドレスを使って新しいアカウントを作って切り替えながら使った方がいいでしょう。

青色申告している個人事業主ならAmazonビジネスアカウントを作っておいて損は無いです。



個人事業主がAmazonビジネスのアカウントを作るには、最低限開業届出書を出している事が条件になります。というのも個人事業主である事を証明する為に書類提出が必要になるからです。

提出書類(PDFかJPEG形式のファイル)として有効なのは以下の通りです。いずれか1点を提出する必要があります。

開業届出書: 写し 1部
直近の所得税青色申告決算書 : 写し 1部
直近の青色申告承認申請書 : 写し 1部

重要なのは税務署の押印が無いものは無効だという事です。e-Tax(電子申告)の場合は押印が無いので、受信通知も必要になります。

参考記事:電子申告(e-Tax)の場合は申告書の控えに税務署の受付印が無いけどどうする?

注意事項に事業収入などの秘匿情報(マイナンバーも隠す)は隠してかまいません、とあるので、審査と言っても本当に存在を確認するだけのものようです。おそらく開業届を出したばかりの人でも通るでしょう。

審査と言えば入力画面で、「固定電話番号【必須】」という欄があって、050番号しか持っていない私は詰んだかな?と思いましたが050番号でも通りました。

審査に2~3営業日かかるということですが、私の場合は1日でアカウントが有効になりました。

Amazonビジネスのアカウントでは法人割引で安く買えるだけでなく、一般向けに販売されていない法人モデルを個人事業主でも買う事ができます。

Microsoftの「Surface Go」が2018年の夏に発売された時は、一般向け日本モデルは買い切り版のOfficeが付属した割高なモデルしか無いのが問題になりました。

法人向けモデルはOfficeなし(しかもOSがWindows 10 Pro)で割安なので、法人モデルを個人事業主として購入するTipsが話題になった程です。

外部リンク:歴史は繰り返す? 法人向け「Surface」を個人事業主として購入するTipsが注目の的

Amazonビジネスのアカウントを持っていれば今後はこの問題に悩む事もありません。

まあMicrosoftが他の企業もやってるように一般向けにも法人モデルを直販すれば良いだけの話なんですが……

早速ポチりました。

もともとAmazonのアカウントを事業用とプライベート用で分けたいと思っていたので、Amazonビジネスのサービスには満足しています。これから使い込んでいきたい所です。

電子申告(e-Tax)の場合は申告書の控えに税務署の受付印が無いけどどうする?

税務署の受付印を押した申告書の控えを求められる場面があったので、調べた事をメモ代わりに。

電子申告の場合は、書面で提出した場合のように申告書等の控えはありませんが、申告等データの送信後にメッセージボックスに格納される「受信通知」により、申告等データが税務署に到達したこと等を確認することができます。

書面で提出した場合には申告書等の控えに収受日付印がありますが、電子申告の場合どうなりますか。(国税庁)

税務署の受付印の正式名称は「収受日付印」というらしいです。

受信通知は国税庁確定申告書等作成コーナーにアクセスして、メッセージボックスを確認することで見る事ができます。

この時、ID・パスワード方式で利用者識別番号と暗証番号の通知を受けていればメッセージボックスを見る事自体はできますが、肝心の受領通知の画面は電子証明ができないと見る事ができません。

だから結局はマイナンバーカードとICカードリーダライタが必要になります。これ落とし穴ですね。

申告書の控えが必要な場面は、融資を受ける場合、保育園の入園、奨学金の申請など。

最近の例だとAmazonのビジネスアカウントの申請にも必要(個人事業主の場合)でした。

そして申告書の控えには税務署の収受日受付印が必要。電子申告(e-Tax)の場合は受領通知を出力したものが必要という訳です。

紙の書類が必要なら受領通知の画面をプリントアウトすれば良いし、PDFファイルで必要なら仮想プリンタでPDFファイル形式で出力すれば良いです。

それを申告書を出力したものとあわせて提出すればOK。